« the first dream of this year | トップページ | non title »

2010/01/12

non title

アンネ・フランク一家をかくまうため、危険をおかして支援し、一家が見つかってしまったあと、アンネの日記を保管していたオランダ人、ミープ・ヒースさんが100歳で亡くなったニュースが飛び込んできた。

数年前、アムステルダムのアンネ・フランク・ハウスを訪れたとき、ミープさんがまだあの街に暮らしているのだと思うと、感慨深いものがあったことを思い出す。また、あの時代のユダヤ人迫害の真っ只中にいた人が、自分と同じいまを生きていることで、あの恐怖、悲惨な事実がつい最近の出来事だったと自覚できた。

自分がミープさんと同じ立場だったら、同じ行動をとれただろうか。どんな状況にあっても、人道的な意志を持ち続けることができるだろうか。ミープさんにまつわる事実を知ることで自分に問いかけていたように思う。

以前に書いたミープさん、アンネについてのブログ↓

http://megumi1966.cocolog-nifty.com/megumi/2008/02/post_e81a.html

http://megumi1966.cocolog-nifty.com/megumi/2007/09/amsterdam_4.html

« the first dream of this year | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ