« non title | トップページ | non title »

2010/03/12

non title

今週は3月というのに雪が20センチくらい積もったりして、また、やることが多いのに次々に仕事がやってきて、結局目標だった大きなことが片付けられず、週末家でやることになりそう・・・ 本当にあっという間に一週間が過ぎてしまった。

最近の出来事

火曜日に県庁で開催された「異文化コミュニケーション講演会」というのに行ってきた。夕方18:30からのスタートに間に合うかハラハラしながら、雪のなかおぼつかない運転で。国際会議で活躍してきた現役Aクラス会議通訳者が講師で、英語でのコミュニケーション方法のコツなどを楽しく教えてくれた。

ご本人の体験が豊富で、話が楽しく感じられ、1.5時間がこれまたあっという間に過ぎてしまった。

最後にご本人の苦難を笑顔で素直に話していたのが印象的だった。その苦難はここには書かないけれど、どうしたらそれらを克服してこんなに強く素敵になれるのだろう、と帰り道にずっと考えていた。

・・・・・・・・

今日の朝のNHKニュースのレポートがとてもよかったので、ここに記録しておこうと思う。

それは、日本の高校生が原爆反対に対する理解を、アメリカの高校生に求めた興味深い内容。これまで、ずっとこの活動は行われていたようだが、原爆を投下したアメリカにはなかなか踏み込めないところがあり、活動をアメリカでは行ってこなかったそうだが、オバマ大統領になってから、アメリカでの活動が実を結ぶかもしれないと、100通の手紙をアメリカの高校に送ったという。すると2校から返事が来て、実際に彼らは訪ねて活動を展開したのだが、その様子をNHKがレポートしていた。

被爆者が切々と語るビデオをアメリカの高校生が涙して真剣に見入っていたシーンを見て、私はこの活動のとてつもない力強さを感じたのだった。この訴えは、確かに現地の高校生に響いていたと思う。実際に彼らのコメントのなかに「原爆反対者の署名を国連に届けるときにかかわりたい」といったものもあった。

原爆の被害者●●万人などと数字で表して訴えることも意味がある反面、このように被爆者ひとりの語りが人を大きく動かすこともあるのだ。すごいことだ。

・・・・・・・・・・

明日は館林美術館で開催される「多文化共生シンポジウム」に参加する。仕事のための情報収集が半分、個人的な興味が半分といった感じ。

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ