« cloud !! | トップページ | SEX AND THE CITY 2 »

2010/05/29

kiryu

休日。

用事があって桐生市に行く。前日に仕事で行った織物会館(旧館)でもらっておいた地図が意外に役に立った。錦桜橋を渡って少し進むと両サイドに商店が並ぶ。それはかなり果てしなく続く。歩いて端から端まで行くにはすごく時間がかかるほどに。しかしその多くがシャッターを閉じていてかつての賑やかさはすっかり失われてしまっている。ところどころ開けている店には、それこそ私が生まれる前から続いている店もあるようで、さびれてしまった街の雰囲気をより一層さみしくさせているようにも見えるし、細々とではあるけれど、なんとか面影を残すことに全力を注いでいる姿が勇ましくも見える。商店の軒先は歩道の部分まで屋根がついていて、雨の日には傘をささずに歩けるようになっている。そして、建物の上を見るとそれぞれに個性のある建物であることがわかる。

上毛かるたでは

   桐生は日本の機(はた)どころ

となっていて、かつては、西の京都に匹敵するほど機織りで全国的に名が知れた土地だった。きっと昔は街のあちこちの工場で機織りの音がカシャカシャと鳴り響いていたのではないだろうか。そして、商店街として街を貫いている道を少し入っただけで、昔の面影を残す雰囲気が感じられるのも桐生らしいところだ。

201005291641000_2 たとえばこんな風景とか。

昔ながらの木戸や木塀を残す家が結構ある。

それからレンガ造りの工場を再利用したパン屋があったり。

201005291640000_2 その名もレンガ

旧金谷レースの工場だそうだ。

201005291631000 天井を見ると、ノコギリ屋根だということがわかる。

明り取りの窓はギザギザの北側の面に取り付けるものだったそうだ。南側だと直射日光が強すぎてしまうため、自然な色合いを見るためには北側から差し込む柔らかい光のほうがよかったのだそうだ。

201005291632000

パン屋はカフェにもなっていて、買ったパンをその場で食べることもできる。

Bakery cafe レンガ http://kiryu-renga.com/top

金谷レース工業(ノコギリ屋根の工場の写真あり)↓

http://www.city.kiryu.gunma.jp/web/home.nsf/5eab0faad6473e1e49256a0600230630/84a51a3a547bc3c749256fa2002af4d7?OpenDocument

「まちおこし」という言葉が叫ばれはじめてから久しい。いまでは、シャッター街は全国の至る所で課題になっている。東京など都会では、クリエーターの事務所や店舗として再利用が成功している事例もあるようだが、地方都市ではなかなか同じようにはいかないだろう。

こうして、ゆっくり街を歩いたり車を走らせてみると、良さもたくさんあることがわかる。なんとか賑わいを取り戻してほしいと思う。

古い建物を大切に利用する考え方に賛同したいと思う。

パン屋のレンガも、静まりかえったところに佇んでいるのだが、中に入ると広い空間にたくさんの人がパンを買ったり、コーヒーを飲んだりしていた。確実に人はいる。こういうスポットが増えて街の人が愛着をもって買い物に来るようになれば素晴らしいことだと思ったのだった。

  

« cloud !! | トップページ | SEX AND THE CITY 2 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ