« non title | トップページ | non title »

2011/03/30

やわらかなレタス

9784163736808 やわらかなレタス 江國香織著 (文藝春秋)

帰宅途中で書店に寄って、何気なく手にして装丁の素敵さに見とれて購入。

購入の理由はもう一つあって、このエッセイのなかに「ニューヨーク・大雪とドーナツ」というタイトルを見つけたから。

帰宅後、食事とお風呂を済ませてから早速、このタイトルから読み始めた。

独特のテクニックがある。ニューヨークというと大概の地理的なことは、想像ができるのに、このエッセイのなかのニューヨークは、どこか違う場所にあるニューヨークのような、そんな感覚を抱いた。

著者が10年ぶりに友人と会うためにニューヨークのとある待ち合わせ場所に向かうという話。

本文より*****

私は友人に会う約束をしていた。待ち合わせ場所の念押しをするための、手紙というかメモのようなファックスも受け取っていて、それによると待ち合わせ場所までは、船に乗って行くようだった。

************

この部分を読んだとたん、もう私の「知らない」ニューヨークである。

しかも、大雪の降ったあと。

著者はタクシーで船着場まで行く。しかし船は雪で出ない。

マンハッタンの船着場から船で行くどこか。

すばらしく奥深い。ぞくぞく、わくわくだ。

そして最後に明かされるその待ち合わせの場所とは、リバティ島、すなわち自由の女神がある島である。

だから、船着場とはバッテリーパークのところなのだ。

この事実を知るまでは、私はなぜかマンハッタンの西側、ハドソン川沿いのサークルラインの船着場を想像し、待ち合わせ場所は私の知らないどこかに違いないと思っていた。

だから、自由の女神と知ったとき、ハタと我にかえり、グーッと自分の知っているニューヨークへと引き戻されたのであった。

おもしろい体験。書き手のテクニックだ。

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ