« non title | トップページ | 彫刻の小径(Tatebayashi) »

2011/04/05

mail from Nederland

Image_2

今朝は風もなく快晴。

見過ごしていたメールをふと開けたら、それはオランダからのメールで、
送り主は昨年本学に見えた柔道家のかたであった。

被災のお見舞いメール。

そのかたの道場では今回の日本での震災のことばかりが心配で話題になっているという。ニュースから流れる被災した地名に"Ota"が出てきはしないかと心配しているという。

わずか1日しかお世話をしていないのに、私自身、その一日が濃密な時間として記憶されている。もしかしたら、このかたもそうなのかもしれない。

遠くに見える赤城山の尾根が女性の寝姿に見える話とか、ひなびた市内のお団子屋で昼食にしたこととか。案内としては決して王道とは言えなかったと思う。でもそんなのが、案外、あちらにも刻まれたのかもしれない。

メールは本文はなく、ワードのレターが添付されていた。
それを開くと、上半分がオランダ語、下半分がその英訳となっている。

私はオランダ語の手紙というものを生まれて初めていただいた。
それがまず感動である。ゴッホやフェルメールやレンブラントと同じ国の人。
心温まるお手紙。

Beste Meg
Wij leven hier in Nederland ontzettend met Japan mee.
Wat jullie is overkomen, daar zijn geen woorden voor.
Ieder uur hopen wij dat we via de TV een berichtje te ontvangen dat het beter gaat.
Bij ons in de dojo wordt bijna nergens anders meer over gepraat dan over de ramp die jullie overkomen is.
Ook hopen wij dat U  Mevr.  Meg en de Hr. Takahashi en Hr. Takezawa en alle mensen die wij, Rudy en ik op uw universiteit hebben ontmoet,  er allemaal goed doorheen zijn gekomen.
Wij horen van veel steden en dorpen maar van de stad Ota vernemen wij niets.
Heel veel sterkte wensen wij  Rudy en ik en ook van onze spotschool van de Pol  jullie toe.
Vriendelijke groet van André.

« non title | トップページ | 彫刻の小径(Tatebayashi) »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ