« マックも暑さ対策 | トップページ | 情報過多 »

2011/08/03

笑顔

職場の駐車場の向かいに知的障害者の作業所があって、そこではみんなで花の苗木を育てたりしている。ちょうど私が朝、車を止めて職場に歩いていくとき、作業所に到着する障害者の人たちとすれ違うことがある。そのなかにとても印象に残る二人がいる。

ひとりはダウン症の男の子。たぶんティーンエイジャー。ひとりでどこからか歩いてくる。その子にいつだったか「おはよう」とあいさつしてみた。すると、彼はゆっくりした足どりを止め、声の返事は返してこなかったけれど、にこっと笑った。それは充分な返事だった。そして、しばらく止まったまま、遠ざかる私のほうを見てくれていた。ある日は、遠くからその子が作業所の門を入るところを見た。すると、彼は門を入ったとたん、ものすごくゆっくりした動きで玄関に向かいながら踊っていた。盆踊りのような振付けで。その様子はほほえましくて、あぁー、彼はここに来るのが楽しくてしょうがないんだなと思った。

もうひとりは、20代くらいの女性。いつも颯爽と歩いてやってくる。終始笑顔で。何かいいことがあったの?と聞きたくなるほどの笑顔と足どりでやってくる。「おはよう」というと満面の笑みがかえってくる。あの足どりと笑顔は、私の猫背をピンと伸ばしてくれるし、ブスーッとした顔を笑顔に変えてくれる力を備えている。

日々が楽しいこと。これは最高のことだと思う。

笑顔で、足どり軽く、踊りだしたくなるような・・・

全部が無理なら、あえて笑顔を作ってみようと思う。

ありがとう。

« マックも暑さ対策 | トップページ | 情報過多 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ