« LAMY | トップページ | Berlin 2 »

2011/09/03

Berlin 1

Resize0081 ベルリン・テーゲル空港

Aug 27

アムステルダムで乗り継いでベルリン・テーゲル空港に着いたのは、もう夕方6時半を回っていて、しかも雨が降っていたものだから、気分は少し落ち込む。旅の目的地に着いたときは、できれば太陽は真上にあって晴れているとうれしいのだけれど。

テーゲル空港は想像していたよりも小さく、古く、まるで地方都市の国内線専用空港のようで、もっとも欧州連合に加盟している国は大きなひとかたまりのようなものだから、ハブ空港になっていなければ国内線の空港のようなものなのだろう。アムステルダムからベルリンまでわずか1時間強ということもあって。

テーゲル空港は、1948年のベルリン封鎖時に急きょ建設された空港で(わずか49日で滑走路をつくった!)、封鎖時は西ベルリンの空港として西側から援助物資が空輸されてきたという。いわば、ライフラインの役目を果たすためにできた空港だと知ると、せっかくベルリンに降り立つのにこの空港でよかったと思わずにはいられない。というのも、ベルリンにはテーゲルのほかに、シェーネフェルト空港もあるから。そして、テーゲル空港は来年、その役目を終え閉鎖される予定ということだ。だからか余計にテーゲルを利用できてよかったと思う。壁ができてからは東の体制のなかに浮かぶ西ベルリンと西側諸国を結ぶ役割を果たし続けてきたのかぁ・・としみじみ思う。私は失われつつある場所、また、かつて栄華を極めた場所、そしてもう見ることができない場所に無性に惹かれてしまうところがある。

テーゲル空港と宿泊するホテル近くのZOO駅との間はバスでわずか20分。空港とベルリン中心地がこんなに近いというのも驚きだった。そんなわけで迷わずバスに乗る。

つづく。

(ベルリンについては、少しずつ写真を添えて書こうと思っています)

« LAMY | トップページ | Berlin 2 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ