« 素敵な切り返し | トップページ | 東京オアシス »

2011/10/28

世界のかばん博物館

たまたま通りかかったところに「世界のかばん博物館」があり、仕事帰りに立ち寄ってみた。わたしは決してかばんやバッグをたくさんもっているわけでもないし、ブランドにもうといくせに、かばんに対する憧れは人一倍あるかもしれない。

ビルに入ると入館証を首に下げてエレベーターを上階へ。

あのエース(ACE)が運営している博物館だった。

まず、かわいいディスプレーが目に入る↓

1

↓ヨーロッパのかばん展示ケース

2

イタリアやフランス製のものはやはりうっとりしてしまう。

タイタニックなどで長期の旅行するときは、こんな荷物だったというのは知っていたけど、

実物を見たのは初めて。その当時は荷物をコンパクトに、というのではなく、日常生活と同じスタイルで旅をしていたという。↓

3

これも、映画やテレビでなら見たことある!

ミニクローゼットのようなラゲージ↓

4

↓こちらは日本製。とても丁寧な職人技が感じられる。

5

↓昔はこんなふうに記念のステッカーを貼っていたのですね。

6

↓こちらはかのサムソナイト社の最も古い旅行かばん!

7

↓アメリカ製。化粧用ケースとおそろいのデザインの旅行かばん。

8

↓船旅用トランク。クロコダイル12匹を使ったもので、世界に3個しかないそうです。

9

↓フランス製の化粧用ケース。1900年代初期のもの。

10

↓ケニアのリサイクルバッグ。MOMAにありそうなアートみたい。

11

↓スウェーデン製のベリー摘み用背負いかご。パイン材。

12

↓大阪万博のときACEが作ったという万博バッグ。

13

↓あの一世を風靡したスポーツバッグ!!

14

このマジソン・スクエア・ガーデンの文字をあしらったスポーツバッグは、昭和40年代から50年年代に大ヒットしたのを覚えている人は多いはず。推定で2000万個売れたとか。懐かしいなぁ。

この博物館、おすすめです。

ビルの1フロアのみで、短時間で楽しめます。

世界のかばん博物館公式サイト

« 素敵な切り返し | トップページ | 東京オアシス »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ