« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/27

旅先での朝食

最近、ツイッターに傾倒していて(といっても毎日つぶやいているわけではないのですが)、ブログを更新するのを怠っていますが、今回から何回かにわたって、旅先で感じたいろいろなことを思うままに書こうと思います。

今回は・・・

ホテルの朝食のことについて

私にとって「ホテルでの朝食」は、その旅がどうであったかの重要な要素のひとつである。普段は出勤前の慌ただしい時間にとる朝食を「楽しむ」という感覚はないのだが、旅先での朝食というものはなんと楽しいものかと思う。ホテルに宿泊している人が三々五々やってくるから、どんな人が泊っているのかを知る時間でもあり、それがまた楽しい。

だから、基本的にはきちんと早起きをして、その日の行動の前にホテルのレストランに朝食を食べに行く。だいたいにおいて、それはバイキングで、毎日変化のないメニュウ。3泊も4泊もしていると飽きそうであるが、これがまったく飽きずに食べることができるから不思議。しかも、さらに不思議なことに種類がたくさんあるパンやジュース、野菜料理や卵料理などからわたしがチョイスするものは、ほとんど毎朝同じなのである。たとえば、豊富なチーズがあるとする。初日に選んだチーズが「美味しい!」と感じたなら、そのホテルに宿泊している間の朝、私はとことんそのチーズを食べ倒す、といった具合に。美味しいパテなんかあると、もう毎日それをお皿に乗せてこれまた毎日同じ種類のパンにのせていただくといった具合に。選ぶジュースもオレンジジュースがほとんどだし、果物はいただくにしても、ヨーグルトは敬遠しがち。海外など、ヨーグルトに付け合わせるシリアルとか果物とか豊富なのだが、これにはなかなか手が伸びない。

私が泊まるホテルは、中級クラスがほとんどなので、高級ホテルの朝食はさぞ素晴らしいものなのだろうと憧れるけれど、それでも中級の朝食に私はすっかり満足している。

今年のベルリンのホテルでの一番の印象はパンとレバーペースト。私が毎日選んだパンはドイツらしいライ麦風の食パン。これに香辛料が利いたレバーペーストのようなもので、これもいくつか種類があったのだが、私は常に香辛料がばっちり利いた(香辛料の粒が見える)ものをチョイスしていた。それをライ麦パンにたっぷり付けて食べる幸せ。カロリー高いだろうなぁ、と思いつつも、これからがんがん歩くのだし、お昼とかちゃんと食べられるか判らないのだから、いいのいいの、とおかわりまでして食べていた。そのホテル自慢の(?)中庭が見えるテーブルで。

忘れられない朝食バイキングのメニュウのひとつに、ヘルシンキのニシンの酢漬けがある。初めてのヨーロッパがヘルシンキ。そのときのホテルはヘルシンキで一番古いという老舗ホテルだったので、朝食もそれは優雅なものと想像していたのだが、まあ、全体的な感じは朝食ということで一般的だったと思う。でも私がこと感動したのが、ニシンの酢漬けであった。バルト海や北海に接する国々はニシンの水揚げ量が多いのだろう、本当に美味しい。私は「酢」にも目がないので、このホテルのニシン酢漬けは独占的にといっても過言ではないくらい遠慮なくいただいた。きゅうりの分厚い輪切りとともにパクパクと。あと、このホテルのレストランはクラシックな雰囲気満点だった。天井がすごく高かった!それだけで豪華と感じた。

朝食スペースというと、上記の老舗ホテルのような豪華さもあれば、同じヘルシンキのホテルでも、「えっ、ここが?」と思うようなところもある。マーケット広場に近いとある小さなホテルでは、フロントの脇のロビースペースが、朝と夜だけレストランと化すようで、それでも立派に機能をなしていた。その小スペースでは、旅行者の顔と顔が近いので、ちょっとした会話が生まれたりする。昨日、どこどこに行って素晴らしかったらあなたも行くべきよ、などとアドヴァイスされたり、今日はどちらへ行くのですか?などと質問したり、されたり。

アメリカはどうだろう。
もちろん朝食つき、または有料で食べられるレストラン付きのホテルは普通にあるだろうが、ニューヨークでは、わたしはホテルから出てカフェやデリで食べるほうを好むようだ。理由はよくわからないけれど。おそらくあまりにも興奮しすぎているせいで、夜あまり眠れず、早朝の街を歩くことなんか考えていて、ガイドブックを見ながら、たとえばベーグルが有名なお店が何時から開いているか調べたりすること自体が楽しいからなのだと思う。

アムステルダムの朝食バイキングでは、チーズが美味しかったし、やはりその国の特産物というのはぜったいに食すべきだと思うが、それらがきちんと朝食のバイキングで食べることができるというのが、とてもスマートだと、これを書いていてつくづく思うのである。

Resize0138

こちらの写真は、記事とはまったく関係ないロックフェラーセンターのクリスマスツリー。数年前に撮ったものです。今年の点灯式は11月30日のようです。

ホテルの朝食の写真があるかと、写真を見まわしてみたのですが、これがまったくないのでした。基本的に食事をする際は写真を撮るのがどうもダメで、食べる方に夢中のようです。

2011/11/23

シャツ

無印良品が会員10%オフ週間ということで、とにかく行ってみようと出かけた。

行けば買いたいものがたくさんある無印。ウールのスロー(大判の膝かけのようなもの)と、前から迷いに迷って買っていなかった白の綿シャツを購入した。

Dsc_0158

ガーゼ地のような柔らかさのある綿シャツ。

この丸えりが好き。

決して高いものでもないけれど、大切に着たいと思う一着。

2011/11/18

non title

最近思うこと

ゆるーりと行こうと思う。
ただ人には迷惑をかけないように。
泣いても笑っても人生あと20年。うまく行って30年。いろんなことを感じたり、いろんなものを見たり。
気心の合う人との愉しいおしゃべり。
苦手な人はできるだけかわして。
美味しいもの食べたり。
旅のこと考えたり。
そんな感じでいい。

2011/11/11

ニューヨーク本

Dsc_0141_2

もうずいぶん前に書店で偶然見つけて購入した本。

文庫本だが、手放せず、そしてたまに手にとってはバラバラと読んでいる。

     『ニューヨーク街路劇場』 粉川哲夫 著

あとがきを読んでいたら、70年代のニューヨークとはこういう時代だったのかとわかりやすい記述があって、いろいろ考えさせられた。

“ニューヨークという都市にずっと魅きつけられてきたが、この本の時代背景となっている1970年代後半のような時代に出会うことは二度とないだろう。それは、わたしがニューヨークに慣れてしまったからではなく、1970年代がニューヨークにとって非常にユニークな時期だったからである。”(本文より)

どのようにユニークかは、その続きの部分をかいつまんで言うと、70年代のNYは60年代に生まれたアングラもニュージャズも実験的なアートも痕跡はいたるところに残っていて、40年代に定着したアメリカ的生活様式も生きのびており、NYに身を置くだけで、その日常環境と人々の身振りを通じて一世代くらいの歴史的スパンを感じることができたということだ。また、この時代は、次の変化に向かってNYが大きく動き出す時代だった、と。工業化が終わり、情報やサービスを志向する社会が本格化しはじめ、旧時代の終わりと多くの問題をはらんだ新時代の始まりが鮮明に見えたとも。

そんな70年代のニューヨークを、タイムトラベルできるならば、歩いてみたいと思った。

でも、わたし的に思うのは、NYって、いつの時代もリアルタイムで感じた人にとってはユニークなのではないかと思う。その人その人のNYがあるのだと思う。そして、NYに限らず、都市とは時代ごとの変化を魅力と思わせるために存在しているのかもしれない。だから、変化し続けるのではないか。

そして、この本でいう新時代は、いまではもう旧時代となった。“新たな新時代”もまた問題を抱えている。そして、旧時代も新時代も、その次の旧新も・・・きっとユニークな時代になるのだろうと思う。

粉川哲夫氏のサイトに、当時のNYの写真がたくさん掲載されている。

スチル写真をクリック!

http://anarchy.translocal.jp/newyork/index_jp.html

2011/11/06

apple

テレビでりんごを煮るときにレモンスカッシュを使うと、色が変わらなくてよいというのを知り、またりんごが安くておいしい季節ということもあり試してみた。

Dsc_0124 今回はC.C.Lemonを使用

今回、2種類のりんごを入れてみたが、これはやめておいたほうがベター。種類によって柔らかさが違うので、煮る時間の調整が難しい。

Dsc_0125 はちみつ、シナモンパウダー

そして、煮るときにはちみつで甘みを浸み込ませてみた。少し物足りないと感じた場合は砂糖も加えてもOK。

シナモンパウダーは、お皿に盛り付けてから振りかけるとよいです。(たぶん)

Dsc_0127 できあがり

確かに、色がきれいなままのできあがり。

秋の夜長のおやつに。

アツアツでも冷やしても美味しかったです。

----------------------

<材料>

りんご・・・好きなだけ(上記写真は2個分です)

    紅玉のような酸味があって実が締まった煮崩れしないタイプがよいです。

レモンスカッシュ・・・ひたひたより少なめでよい

(CCレモンは少し酸味が強すぎるので、違うもののほうがよいかもしれません)

はちみつ・・・適量

砂糖・・・適量

シナモンパウダー・・・適量(なくてもOK)

2011/11/05

やっぱりオキーフ

先日、国立新美術館で開催中のモダン・アート,アメリカン展を見に行った。

そのなかで、やはりジョージア・オキーフの作品ばかりに引き込まれるわたし。

そのなかでも“ランチョス教会 No2、ニューメキシコ”の前からはなかなか離れられずにいた。あと、同じくオキーフのジョージ湖の小屋を描いた作品も好き。

Highlight_works05l 公式HPより

実物はこんなものではなく、もっともっときれいな色なのです。

特に背景の色なんか、これとは全然違うのです。

オキーフは色のサンプルをたくさん作って研究していたと聞いているが、ほんとうに色の組合せが美しくて、なおかつ対象物の形を単純化しているので、そのようなところが自分の好みとピッタリ合う感じがする。

国立新美術館 モダン・アート,アメリカン展

2011/11/01

東京オアシス

映画「東京オアシス」を見た。

Story2

オムニバス。二つ目の原田知世が出てたのが気に入る。映画館でのひとこま。
そのなかのディテールに、映画館で偶然となりに座った人って、全然知らない人じゃなくて、少しだけ知っている人かもしれない、というのがあるのだが、いいところに着眼したな、と思う。長距離のバスや電車、飛行機などで隣り合わせになったりしたときに、特に異国に行ったときなどは、そのことをわたしはいつも考えていた。
大概は、言葉を交わすこともなく、ただその人について想像を巡らすだけなんだけれども。そして、旅から戻ったあともしばらくは思い出すけれど、いつのまにか記憶からは薄れてゆくのだ。
人は孤独だと思う。

この映画、お馴染みの手法で、余計なものがそぎ落とされている。そのぶん、見ている側の想像が際限なく広がる。

静かな優しい日常、あることから遠ざかってからの時間がもたらす気持ちの変化、日常から離れてみたときの気持ち、丁寧な仕事。いくつかのヒントがこの映画にはあった。

おすすめです。

東京オアシス

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ