« 世界のかばん博物館 | トップページ | やっぱりオキーフ »

2011/11/01

東京オアシス

映画「東京オアシス」を見た。

Story2

オムニバス。二つ目の原田知世が出てたのが気に入る。映画館でのひとこま。
そのなかのディテールに、映画館で偶然となりに座った人って、全然知らない人じゃなくて、少しだけ知っている人かもしれない、というのがあるのだが、いいところに着眼したな、と思う。長距離のバスや電車、飛行機などで隣り合わせになったりしたときに、特に異国に行ったときなどは、そのことをわたしはいつも考えていた。
大概は、言葉を交わすこともなく、ただその人について想像を巡らすだけなんだけれども。そして、旅から戻ったあともしばらくは思い出すけれど、いつのまにか記憶からは薄れてゆくのだ。
人は孤独だと思う。

この映画、お馴染みの手法で、余計なものがそぎ落とされている。そのぶん、見ている側の想像が際限なく広がる。

静かな優しい日常、あることから遠ざかってからの時間がもたらす気持ちの変化、日常から離れてみたときの気持ち、丁寧な仕事。いくつかのヒントがこの映画にはあった。

おすすめです。

東京オアシス

« 世界のかばん博物館 | トップページ | やっぱりオキーフ »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ