« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/07/29

non title

最近の出来事

業務上のイベントが週末ごとにやってくるので、少々バテ気味。猛暑の日にはたまらない。そのため、休日にはまじめに休養をとらないと仕事に支障をきたしてしまう。外に出るとそれだけで疲れてしまうので、家の中でおとなしくしているに限る。今日は近所まで買い物と図書館に行き、あとは家でのんびりしていた。

ところで、オリンピック、である。

不思議なことに、今年のオリンピックほど興味がわかないオリンピックはない。それはなぜだろうと考えてみると、オリンピックは4年に一度というインターバルでやってくるわけだが、以前は「やっと来た」感があったのに対し、最近は「もうオリンピックの年?」と思うのだ。それはきっと自分が歳をとったせいもあるのかな、時間が経つのがすごく速く感じる。あまりにもすぐに来てしまうオリンピックに、貴重な祭典という感じがしなくなっているのかもしれない。きっと次のオリンピックもすぐにやってくるはずだ。

もうひとつの理由として、オリンピックを伝える情報手段がさまざまあり、何もテレビにかじりついていなくても、即時に結果が目に入り、なんかこう、「さて今夜はテレビで観戦するぞ」という気持ちが高ぶらないこともあると思う。ツイッターで否応なしに試合結果が目に入ってくるし。

そんなわけで、自分のなかのオリンピックがちょっと淋しい。

情報伝達のことを書いたけれど、このブログもだいぶ更新頻度が落ちてしまった。(ちょくちょく見に来てくださっている方には申し訳ないです)ブログを始めたころは、日記のように(毎日とはいかなかったにせよ)更新頻度は高かった。ブログは一生不滅だと思っていた。でも、ツイッターやフェイスブックが出てきてブログの地位も変化したと思う。ツイッターを始めたころは半信半疑だったけれど、慣れたころは「手軽さ」を実感するようになり、ブログがおろそかに。でも、ブログにはブログの良さがある。旅行記や映画の感想など、写真と文章を織り交ぜながら記録しておくツールとしてとても便利だと思う。それなので、現在はツイッターとブログ(やフェイスブックも)併用している人が多いのではないだろうか。

さて、日曜の夜も更けていきます。ねむくなるまで読書。

Resize0169

この写真は文章とはまったく関係ないものです。サンフランシスコで見たカモメ(?)

このカモメは今頃何をしているかな、なんて考える夜です。

2012/07/24

アメイジング・スパイダーマン

20110727130148_01_400

日曜出勤の振替休日。

7月いっぱいで切れる映画の無料券でスパイダーマンを見ようと思って出かけるが、見ようとしていた回が3Dで、その場合無料券は使えないとのこと。不足分を支払えば3Dも見られるようにしてくれたらいいのに・・・ 仕方ないので料金を支払って、メガネも買って(100円)見ることにした。

3Dというと、だいぶ前に、それこそ3Dが出始めたころ、軽井沢のアウトレットのところにあった(いまもあるのだろうか?)アイマックスシアターで見たことがあるだけだった。そのころは専用のメガネというよりゴーグルのようなものを借りて見たので、今回もそうなのかと思っていたら、100円で購入、または持参とのことだった。購入したのもは持ち帰ることができる。すっかり時代の波に乗り遅れている感じ。

そして、この映画は娯楽作品としては、とてもとても楽しめる。でも、主人公のおじさんが銃で撃たれて死んでしまったり、おばさんに心配をかけたりするシーンなどを見ると、少し気持ちが重たくなる。

また、分かっていながらも泣いてしまったシーンも。それは市民が弱ったスパーダーマンを助けるために、クレーンを駆使して援護するところだ。わたしって、こういうのに弱い・・・のだ。

エンディングは、続編があることをにおわせる。クモの糸を使ってビルの谷間を駆け抜けるようなアクションがたまらないこの映画。今後どのようにパワーアップするのか楽しみだ。でも、できれば「人間の優しさ」を忘れない作品であってほしいな。 

2012/07/08

non title

最近の出来事

先週のことだが、年に一度お会いする人がいて、かれこれ10年くらいになるのかな、一緒に食事しながら他愛もない話を今年もした。今年はビールを飲んだり、もんじゃを食べながら。毎年、同じような話題に終始するが、当然時間は流れているわけで、考え方や取り組み方は変化するものだ。おしゃべりが年1回のインターバルだからこそ、相手のそういう変化が感じられる。その人はいつも「いま、こんなふうにしたいと考えている」という対象が存在している。わたしはただひたすら聞いて、一生懸命なにかを吸収しようとしている。ちょっと憧れ。その人が執筆した最近の新聞記事をいただいたので、手帳に挟んで持ち歩いている。

・・・・・

夏の旅についてあれこれ思いを馳せている。目的地は決めたので、これから基本的な部分の手配や、おおまかな計画を立てる。初めてのところではないが、そこから隣国へ行こうかと考えている。当面、旅のことを考えていれば、乗り越えられるかな。旅については、いずれblogにアップします。

・・・・・

本日、日曜の夜は、図書館で借りてきた常盤新平のエッセイを読んでいる。ニューヨークでのエピソードを書いたところを中心に。そのなかに、ニューヨークについてこんな表現があった。「暑さ寒さにかかわりなく、ニューヨークの朝は気持ちがいい」同感だ。恐らくこれは旅行者がゆえの“気分”もだいぶ含まれているわけだが、なんかこう、大都会がこれから動き始める直前の独特の雰囲気が漂っているからなのだろう。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ