« 秋の軽井沢など | トップページ | フィンランドで買ったポストカード »

2012/10/15

最強のふたり

映画「最強のふたり」を見た。

Img_011

実話に基づく映画ということ。とてもいい映画だと思った。

どういうところがいいかというと、まず音楽(誘ってくれた友人もサントラ買おうかな・・と言っていました)。優しいピアノの旋律とアース・ウィンド&ファイアーのヒット曲が作品を上質なものに仕立てていた。

ストーリーはこちら

そして、余計な情報はそぎ落とされていて、単純に「人と人の通じあい」を見せていたと思う。この種の作品にありがちな「説明」や「一度ケンカして離れるけれど、お互いの良さを再確認」的なものもない、終始、二人は気が合うし、ケンカ別れなどない。「金持ちに貧しさのなかにいる者の気持ちがわかるか!」という要素もないし、「貧しさから逃れるためには教養が必要だ、ほどこしてやろう」という流れもない。そもそも、主人公たちにそのような上下の感情や妬みはなく、真に「人と人」であろうとしている。

説明しようとすると、うまく書けそうにないので、この辺でやめておこう。

おすすめの映画です。

« 秋の軽井沢など | トップページ | フィンランドで買ったポストカード »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ