« ジャズを聴きに | トップページ | ロックフェラーセンターのツリー点灯式 »

2012/11/15

non title

振替休だった今日は、午前中に所用を済ませ、午後帰宅してからのんびりと過ごした。

本屋で見かけた江國香織の『犬とハモニカ』という短編を買って、それを読んだりしながら。この小説、装丁が目に飛び込んで、CDで言えばジャケ買いというのだろうが、見たとたん、これ買う、と手にしていた。

スーツケースが4つ並んでいる。

本のタイトルにもなっている「犬とハモニカ」は、成田空港に到着する便に乗ってきた何人かの人たちについての話だ。

空港という独特の場所を描いたストーリーにわたしは惹かれるところがある。日常から切り離される場所として、また日常に引き戻される場所として、空港はわたしには特別な場所になっているせいだと思う。

・・・・・・・・

夕方近く、マックの散歩に出た。

10月初めころから、椎間板ヘルニアと気管虚脱という症状で、散歩を禁止されていたマックだが、薬の効果があったようで、かなり良くなってきて、すぐ近くの神社と公園までぐんぐんと歩いて行けるようになった。

イチョウとサクラの落ち葉が敷き詰められた公園内を元気に歩いている姿をみて、うれしい。気管虚脱の症状は見ていられないほど可愛そうだったので、いよいよ覚悟しなければならないかな、と不安な毎日を過ごしていたのだった。それが、発作のような咳もすっかりおさまっている。自由がきかなくなった後ろ左足も、上手に地面につけてテンポよく歩けるまでになった。

このまま、安定して長生きしてほしい。

現在、マックは12歳半。

Dsc_0425_3

« ジャズを聴きに | トップページ | ロックフェラーセンターのツリー点灯式 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ