« Xmas | トップページ | アートのある空間について »

2013/01/03

new year

新年になりました。

今年も細々とこのブログを継続できたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は、クリスマスのやり取りや、年賀状などで親しい人たちとの交流が濃くなる時期で、人とのつながりがもたらす温かみが自分を支えてくれていると改めて認識します。とってもありがたいと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・

さて・・・

新年だからといって何か特別なこともなく、普段の日曜日の連続のように過ごしている。休暇用にと買った本『カジュアル・ベイカンシー』も、ようやく読み始めているところ。

本といえば、文庫本を整理していたら、原田宗典の『ハラダ発ライ麦畑経由ニューヨーク行』というトラベルエッセイが出てきて、しばし読みふけることになる。原田宗典のエッセイはノリが軽すぎるので、ちょっと合わないところがあるのだが、これがニューヨーク旅行エッセイともなると話は別となる。

このエッセイのなかで、わたしの世代には「あぁ~、あったなぁ、そういうCM」と思う件があった。

ニューヨークの朝は、一杯のコーヒーから始まる。

ネスカフェのCM のキャッチフレーズ。ニューヨークの高層ビルの一室にビジネスマンと秘書がコーヒーを飲みながら談笑する朝のひと時、という設定だ。

あの頃は、こういう場面を見てアメリカに憧れた人は少なくないはずだ。わたしも間違いなくその一人である。

そして、このエッセイの「おち」に、ぷっと笑ってしまった。

原田宗典の仲間内では、このCMのキャッチをもじって、「小平市の朝は、一杯のミソ汁から始まる」など、ネスカフェごっこが流行ったとか。(笑)

年末の夜中にこのフレーズを読んで、心底吹き出してしまった。ありがたいフレーズだこと。

小平市に住むダジャレ好きの大学教授とちょっと重なって、さらにありがたく思った。(ユーモアも必要です)

Dsc_0452mac

↑大あくびの瞬間

何か写真を、と思ったのですが、今年13歳になるマックの写真を。犬には年末も年始も関係ないみたいです。

Dsc_0456mac

↑「おやつちょうだい」

« Xmas | トップページ | アートのある空間について »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ