« new year | トップページ | I 先生のこと »

2013/01/12

アートのある空間について

ブログのデザインを変えてみました。

・・・・・・・・・・・・・・

最近、美術館に行ってないなぁ・・と思っていた先日、湯河原温泉に行った際、個人収集家が運営する美術館があることを知り、行ってみた。

そこは完全な個人宅で、そのことに関しては不満を言う理由もないのだが、作品を鑑賞している間、いろいろ考えさせられた。確かに展示作品は本物で素敵なものばかりなのだが、何かが足りないと。考えれば考えるほど、それは、それらの作品を取り囲む空間がいまひとつだったからに他ならない。

改めて思うことは、わたしたちが足を運ぶ展覧会は、たいがいテーマがあって、展示されている作品の理解を深められるように工夫されているし、展覧会場もその空間作りに工夫が施されている。美術品を鑑賞している間、なんだかとても心地よい気がするのはわたしだけではないと思う。そういう鑑賞に慣れてしまっているせいか、先日はちょっとがっかりしたのだった。わたしにとっての鑑賞は、居心地のよさ、美術館そのものも含めたものなのかもしれない。

Dsc_0467

Dsc_0470

Dsc_0463

(写真は温泉宿からの朝の眺めと万葉公園の寒椿、それに樹齢600年を越す五所神社の楠の木です)

« new year | トップページ | I 先生のこと »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ