« パリ、テキサス | トップページ | 旅する力 »

2013/04/29

貴婦人と一角獣展

ゴールデンウィーク前半、国立新美術館で開催が始まった「貴婦人と一角獣展」に行ってきた。

Dsc_0537

この企画展は、フランス・パリの国立クリュニー中世美術館所蔵の6枚のタピスリー連作(1500年頃の制作)を、関連する彫刻や装飾品などとともに紹介するもの。この連作がこれまでにフランス国外に貸し出されたのは、1974年ニューヨークのメトロポリタン美術館への一度だけということだ。まさか日本で見られるとは思っていなかった。1974年のニューヨークでの展示ってどんな感じだったのだろうと、そのあたりも興味深い。マンハッタン北部の同美術館分館であるクロイスターズにも一角獣をモチーフにしたタピスリーがあるのだが、これと一緒に展示されたのだろうか・・・

前置きはさておき、6枚がどのように展示されているのかが一番の関心事だったのだが、期待をまったく裏切らないものだった。タピスリーは(パンフレットによれば)全長22メートルというかなり大きなものなのだが、これが展示室でぐるっと見渡せるようになっていた。それから照明が押さえられていたのもよかったと思う。よく考えてみると、6枚の連作がひとつとして欠けることなく鑑賞することができることがすごい。500年もの長い時間のなかで、もしかしたら一枚一枚が別の人の手に渡っていたかもしれないし、そうなれば、無くなってしまったものもあったかもしれないから。

実はこの連作を一度行ったパリで見ている。友人からぜひここには行くべきと言われて行ったのだが、織物でこんなに手の込んだものが制作された(しかも500年も前に!)ことに感動したことをよく覚えている。最初は刺繍かと思ったのだが、織物と知ってさらに感動したのだった。所蔵している美術館は、建物自体が中世の佇まいだったのもよかったと思う。連作はそれにふさわしい場所に納められていたという印象。

そのときのことはこちら⇒ paris 4 (後半に少し記載されています)

ところで、今回東京の企画展でさらに学んだのは、この連作が中世美術館に納められるまでに、それなりの道のりがあったということだった。フランス国内のとある城でかなり傷んだ状態で発見され、その作品の重要性にいち早く気付いた人たちの訴えによって、国が買い上げたと。たしかに、わたしのような素人が見ても、これらが保存されていてよかったと思えるほどの名品である。

国立新美術館の展示を見に行く際は、オーディオガイド(500円)を借りると6枚それぞれに込められた意味(現時点での解釈)の理解が深まるので、借りることをおすすめします。

今回の展覧会についてはこちら⇒ 「貴婦人と一角獣展」

Dsc_0533

« パリ、テキサス | トップページ | 旅する力 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ