« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/31

世界を回せ

『世界を回せ』 上下

コラム・マッキャン著

Dsc_0594_1

最初は重苦しい展開で息がつまりそうになったのだが、なんとか最後まで読むことたできた。最近よく見かける手法で書かれている。それは、主人公が複数いて、それぞれの主人公が交錯するという手法。巧みに交錯していると思った。ついさっきまで主人公だった人物が、違う場面ではただの脇役で感情までは伝わってこない。でもその人物のことをよくわかっているので深みが増す、というような。すごく巧みだ。

ニューヨークが主な舞台というのも、手に取った理由のひとつで、世界貿易センタービルが完成した頃(1970年代)の時代設定。アメリカは、ベトナム戦争の泥沼化、ドラッグの蔓延、経済の減速など、暗さただよう時代のように思える。その時代背景で、苦しみを抱えている何人かの人たちを描いている。そしてあの貿易センターの2つのビルの屋上にワイヤーを渡して綱渡りした大道芸人もモチーフに加えている。モチーフの大半がフィクションであるのに対し、綱渡りだけは実際にあった事である。いまは跡形もないビルの間を、一人の男が空を渡ったという揺るぎない事実が(伝説的な事実が)編み込まれていることで、物語がリアルに感じられたと思う。

個人的には、ベトナム戦争で息子を失った境遇の違う母親同士のふれあいがよかった。もう元には戻らない喪失感ややり場のない悲しみの対処の方法などどこにもない。心に穴が開いたまま日常をやり過ごさなければならない。唯一の救いは「理解」なのかもしれない。そして同じような体験をした者同士ほどの分かりあえる相手はいないのであろう。時に慰めの言葉は、それが真の思いやりから生じたものであっても残酷に立ち入ってくることもある。ただ、同じ悲しみを背負った人の発する言葉や行為はすべてが許されて沁み入るのかもしれない。

また、WTCを綱渡りしたフランス人について、もっと知りたいと思った。本も出ているし映画化もされていたようだ。一番の関心事は、どうやってWTC間にワイヤーを渡したかということ。あの高さを命綱なしで綱渡りするなんて凄すぎる。目撃した人はどう思っただろう。目撃したかったなぁ。

2013/08/15

アメリカン・ポップ・アート展

国立新美術館で開催中の「アメリカン・ポップ・アート展」に行ってきた。

Resize0354

Resize0354

↑これは出口のところに置かれていた200個のキャンベルスープ缶。

展覧会の最大の目玉は、ウォーホルの初期の作品200個のキャンベルスープを描いた作品で、シルクスクリーンの大量生産的なものでなく、手描きの作品だった。

ところで、あれほど心待ちにしていた割には、ぐっとくる感じがしなかったのだ。

なぜ?

これらのアートを知ったばかりのころは夢中になって追っていた。とにかく楽しいというか、どんなものも見方によっては、アートになりうるところが面白かったはずなのだ。そこには説明など要らなく、ユニークさがよかった。

それに、ポップアートが注目され始めたのは60年代。ポップアートは、そのころのカルチャーを知る手掛かりになっていたと思う。

ところが、今回、改めて作品群を見たときに思ったのは、それらがあまりにも氾濫しているがために、もはや自分には新鮮味がなくなっているということだった。たとえば、今回見たウォーホルの毛沢東も、先日行ったセゾン美術館にもあった。「いろんな」ところにある。そして、たとえば、その「いろんな」がTシャツのデザインだったり、1000円くらいで買えるポスターだったり・・・。ポスターも本物も大差がないようにさえ思えてきてしまう。(実際は大違いですけれど)

でも、ポップアートとはそういうものなのかもしれない。

自分のなかのブームが去ったのかな。

または、自分のなかに変化が起こったのかもしれない。

それでも、記念にロイ・リキテンスタインのgirl in mirror を購入。

Resize0355

(でも、ジャスパー・ジョーンズの、見たことのない作品を多く見られたことは収穫だったと思います)

2013/08/06

高峰高原とセゾン現代美術館

8月の小旅行ということで、長野県の高峰高原と軽井沢、北軽井沢に行ってきた。

高峰高原では、最初はそんなつもりもなかったのだが、ビジターセンターで初心者でも行けるトレッキングコースがあると教えていただき、なんと、柄にもなくトレッキングをしてしまった!

Resize0353

おそらく標高2100mくらいではないだろうか。小諸市や佐久市方面を眼下に見ることができた。この場所は以前、スキーやスノーボードに通ったアサマ2000というゲレンデがあり、馴染みのある山なのだが、夏に来たのは初めて。

そして、さらに柄にもなく高山植物の写真を何枚か撮ったのであった。

(植物の名前は知らないので、写真のみ並べます)

(写真はクリックで拡大されます)

Resize0350

Resize0351

Resize0352

Resize0349

そして、この日は北軽井沢に宿泊した。

翌日は中軽井沢のセゾン現代美術館を初めて訪れた。

いままで数えきれないほど美術館の近くを通っていたにもかかわらず、行ったことがないなんて。でも、先日テレビで山田五郎がここを紹介していて、ぜひ行ってみたいと思ったのだ。

Resize0348

↑鉄でできた橋。雨に濡れている。

山田五郎もこの橋と門が鉄でできていることを強調していたのだが、この錆びた感じが不思議に景色と調和していると思った。

敷地内のよく手入れされた緑が素晴らしい。本当に。完璧な庭に計算されたかのように彫刻が置かれていた。

Resize0347

Resize0345

↑なにやらストーンヘンジを思わせるオブジェ。(実際はぜんぜん違いますね・・・)

よくわからないが、この石の配置って落ち着く。

Resize0346

↑わかりずらいと思うが、イサム・ノグチによる「雨の山」という作品。確かにそう見える。

Resize0344

↑タイトルは忘れた。宇宙人が3人かたまって何かひそひそ話をしているように見えなくもない。

館内は当然のことながら撮影禁止。

小さな美術館なので、展示数は少ないが、ロイ・リキテンスタインやジャスパー・ジョーンズの作品もあった。あまり好きではないが、マーク・ロスコやジョアン・ミロも。

併設のカフェは改装中で入れず。

ここには、違う季節にまた訪れてみたいと思った。

(時間がなければ、庭をぐるっと歩くだけでも良いと思います)

2013/08/02

大移動

今朝、通勤中に車の窓外を見ると、クモが一緒に出勤していた!

Dsc_0577

↑分かりますか?

サイドバイザーにしがみついている。

車が走り出すと、この部分は風の通り道になるため、ともすると振り落とされそうになるのだが、クモの行動にハッとさせられた。

Sdsc_0576

↑なんと、風の抵抗を最小限にするために、クモはバイザーに沿って細長い体勢を取ったのであった。すごい。自然のなかに生きている生物の知恵を目の当たりにした朝であった。

ところで、人間にとってはたった10キロほどの移動だが、この小さなクモにとっては大移動である。陸続きではあるが、例えるなら、スペインからドイツやロシアに突然連れて行かれたような、はたまたカナダからメキシコへという感じ(例えがいまひとつだが)なのかなぁ・・・

もし、帰りも車のどこかに潜んでくれていたなら、元の自宅のガレージに帰れるのにと、クモを案じた。それとも、新天地でがんばるのだろうか。(余計な心配ですね)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ