« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013/09/22

中之条ビエンナーレ

中之条ビエンナーレに行ってきた。

2年前の第3回開催のときに町をあげてのこのイベントを知り、行ってみたいと思っていたのだが、今回初めて足を運んだ。

1resize0367

↑「つむじ」という名前の観光センターのようなスポット。

中之条町に到着したら、まずここに立ち寄って「鑑賞パスポート」とガイドブックを購入して、鑑賞方法について説明を受けてから出発するとよい。役場から近いので、つむじの駐車場が満車の場合は、役場の駐車場を利用できる。つむじには観光案内のほか、足湯やお土産屋、それにカフェなどもあった。

中之条町は群馬県の北西部に位置していて、山林も含めた広大な町。ビエンナーレのエリアも6エリアに分けられ、エリア間は車やバスでないと移動できないほど広範囲でのイベントになっている。

案内所の説明では、一日ではとても回りきれないそうで、ならば一番遠い(奥地)に行ってみたいと思って、六合(くに)エリアに向かった。中之条町役場から車で40分ほどだろうか。

2resize0366

↑太子(おおし)駅跡

かつてこのあたりは鉄鉱石の産地で、この駅から長野原駅まで太子線があったという。その跡地を利用した展示。

(この写真に鉄棒が見えますが、よく見ると小さな白い人がちょこんと座っているのがわかりますか? それからその奥のコンクリートの遺構のくぼみにも埋め込まれています。)

3resize0365

↑蔵を利用した作品。汗ばむ陽気だったが、蔵の中はひんやりしていた!

4resize0361

↑赤岩集落

集落に点在する旧家や公民館などが展示会場に。

5resize0364

6resize0363 

7resize0362_2

8resize0359

↑民家の薪。これは展示とは関係ない。ただ、この集落の生活の気配が感じられて、良いなぁと思う。

9resize0360

↑諏訪神社跡から六合エリアを見下ろす。

中之条町は草津温泉や四万温泉に行く際、通過する場所。でもこのように車を止めて歩いて回ってみると、見どころはたくさんあるのだと知る。それぞれの空間にほどこされたインスタレーションがかつてそこに人が住んでいたことを思い起こさせたり、ちょっと不気味な空間に変化していたりと、おもしろい体験ができる。

ただ、集落をそぞろ歩きながら、住民はこの企画をどう思っているのだろうと心配にもなる。2年に一度のそして1か月だけのイベントではあるにせよ、平穏な生活の邪魔にはなっていないだろうかと。

スーパーもコンビニもない小さな集落。天気がよくてのどかで、こんなところにステイしてみたいと思ったりもした。この集落の雨の日や、嵐の日、冬の日の景色も見てみたいとさえ思った。


10resize0358

↑鑑賞パスポート

11resize0357_2

↑31か所でスタンプが押せるようになっている。

今回わずか8個のみ・・・

できれば期間中にもう一度行けたらいいなぁと思っている。(無理かな?)

2013/09/14

ホテル選びのこと

9月になって涼しくなったかと思うと蒸し暑い日もあって、中途半端な気候だなぁと思う今日このごろ。大きなイベントもないので、映画でも見に行こうかと思って調べてみても、コレといった作品がなく(東京まで出れば単館系の良いものがあるのだろうが)、なんとなく億劫で映画は諦める。

年末の旅行の、ヘルシンキ2泊のホテルをまだ取ってないことを思い出し、エクスペディアで調べてみた。インターネットでのホテル探しって、楽しい反面、けっこう疲れるものだ。場所と金額と部屋や外観の写真を見て、どこかで折り合いをつけなければならない。いろんな写真を見ていると満腹状態になってきて、だんだんどうでも良く思えてくる。ひとつ言えること、それは金額が高いほど泊りたいと思うホテルだということだ。(やっぱりいいホテルは高いのです) いまは部屋の写真や口コミが出ているのでそれらを眺めてから判断するわけだが、実際行ってみてがっかりすることが多いような気がする。旅するとき、過剰にに情報を仕入れないほうが本当はよいのかもしれない。そうすれば行きあたったすべてが上でも下でもないところにおさまるのではないかな。

今回は冬の北欧ということもあり、雪が心配なので空港からのバスが発着する中央駅近くのホテルがいいなと、初めてヘルシンキに行ったときに宿泊した老舗ホテルに決めた。ちょっと前にチェックしたときより1泊の料金が1000円ほど上がっていたのが、ちょっと残念だったけれど。もたもたしているとどんどん上がってしまう。

これで、一安心。

・・・・・・・・・・・・・・

マックが天国に行ってしまってから4カ月が経った。

最初は車を運転しているときなど、ちょっとでもマックのことを思い出すと悲しくていたたまれなくなってしまった。写真もなかなか見られなかった。けれども最近やっと落ち着いてきて部屋に写真も置けるようになった。

マックがいなくなって、家の近くを散歩しなくなったなぁと思う。すぐ近くの神社にも行ってないなぁ。涼しくなったら散歩を始めてみようかな。

Img_20130914_201905

マックはよく寝る子だったので、グースカ寝ている写真を置いてみた。

水色の、マックに似合うナチュラルな木枠のフォトフレームを見つけたので。

会いたいなぁ。

2013/09/01

冬の旅行

8月に旅行をしようと6月ごろからどこに行こうかと思案していたのだが、どうしても定まらず、また旅行社に行って航空券代を見積もってもらったりしたのだが、あまりにも日が迫っていたこともあり、予算より大幅に高くなってしまうので断念。

その時点で、冬に行くことに切り替え、ならば思い切って夏の間にチケットを押さえておこうということにした。サンタフェかニューヨークにしようか、またベルリンに行こうかなど考えあぐねた結果、いま一番行きたいところはやっぱりフィンランドなのだと結論。冬のフィンランドは初めてなので、思い切ってラップランド(北極圏)に行ってみようとロヴァニエミまでのチケットを予約した。ロヴァニエミはラップランドの州都でサンタクロースで有名な都市。ロヴァニエミのあとヘルシンキという旅程。早めに予約するとやっぱり安い。(年末にしては)

(余談ですが、ロヴァニエミには世界最北端のマクドナルドがあるとか)

最初、ロヴァニエミとヘルシンキ間を夜行列車で移動したいと考えていたのだが、所要時間は10~12時間もかかるというので、そうなると短期旅行にはあまりにも長いロスタイムが発生してしまう。飛行機ならば1時間20分ほどということで飛行機の移動に。でも、電車で移動したかったなぁ。

Finland2_3

ホテルはゆっくり取ればいいかな・・・と思っていたのだが、何気なくインターネットの予約サイトを見ていたら、ロヴァニエミの主なホテルはかなり埋まっているようなので、慌てて予約。(飛行機が取れても泊るところがないのではシャレになりませんね)

そんなわけで、年末年始の北欧、しかも北極圏に思いを馳せる今日この頃。

服装はどうしよう、スノーブーツを買わなければ・・・など、考えていると楽しい。でも、できるだけお金を使いたくないので、スノーウエアは愛用していたスノーボード用のウエアを使おうとクローゼットから出して広げてみた。

Img_20130828_213250

Burton のウエアでスノーボード用に買ったもの。最後に着たのはいつだろう。

でも、これなら最適じゃないかと思えてくる。大切にとっておいてよかった。

(見た目は地味ですが、脇のところにチャックがついていて温度調節できたり、中はフリース地なので暖かいのです)

ショートステイなのでオーロラは最初から期待していないのだが、もし見ることができればうれしいな。

とりあえず、いまは仕事がんばろう。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ