« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/25

香港回想

11月もあと1週間で終わる。この時期は映画を見たり本を読んだり、1年のなかでもゆったり過ごせる時期のように思う。これから寒くなるという季節が好きだ。子どものころは夏が大好きだったけれども、大人になってからは夏に弱くなったなと思う。

先週は香港が舞台の映画を見てしまったものだから、ここのところまた香港熱にうなされている。初めて行ったときのことなど思い起こしている。そういえば、香港やソウルには何度も行っているのに、あまりブログには書いてこなかったなぁ・・

それで、ほんの少しだけここに書いてみようと思う。香港のことを。

わたしが初めて香港に行ったのは2002年の10月。旅の目的は友人に会うためで、そんな目的でもなければ目を向けなかったであろう都市。いま思えば、それは必然であったと思いたいほどに魅せられてしまうのだが。

もちろんお決まりの観光スポットにも行ったけれど、観光客はあまり行かないようなところにも行ったり、連れて行ってもらったりした。たとえば尖沙咀の古びたビルの2階にある小さな小さな書店とか、九龍塘地区にあるフラワーマーケットとか、中心地から離れたリゾート地など。それらは断片的にだが鮮明に記憶されている。友人が用を済ませている間にひとりでぶらぶらと街歩きした時間もたくさんあった。そんな時間はスターフェリーに乗って九龍と香港島を往復してみたり(スターフェリーについてはこちらにも書いている)、ヒルサイド・エスカレーターに行ってみたり(このときは、あろうことか『恋する惑星』について知らなかった)、地元の人が大勢買い物しているストリートに迷い込んだりしていた。

Resize0371

↑わかりにくい写真(しかもピンボケ)だが、右手前にスターフェリー

Resize0372

↑地元の人々でにぎわうストリート(確か香港島)

Resize0374

↑フラワーマーケット(本当に限りないほど花屋が軒を連ねている)

初めての香港は10月だったと書いたが、日本ではさすがに10月ともなると涼しくなりジャケットが必要になってくる時期だが、香港では空港から出たとたんモワッと湿気のある空気がまとわりついてきて、あぁ、これが亜熱帯香港の気候なんだと実感したものだ。夜はいくぶん肌寒い日もあったが、日中は半袖で過ごせた。

香港の気候のことでひとつ。12月に行ったときのこと。12月の香港の最高気温の平均は20℃くらい。最低は15℃くらいのようで、わたしは軽くカーディガンを着る程度の服装で行った。12月というのに歩いているとちょっと暑いと思うときもあった。街を歩く現地の人を見てみると、半そでTシャツの人もいれば、なんと冬物のウールのコートを着ている人もいて、とても不思議に思って友人に聞いてみると、香港のお洒落な人はほんの短い冬をファッションで楽しむのだとか。だからお洒落な人ほど不必要なコートなど身にまとっていると教えてくれた。確かに若い女性たちほど冬の装いだと納得したものだ。

あちこちに書いているように、もし時計を逆戻りさせられるなら、返還前の香港に行ってみたい。でも叶わないだけに余計にその思いはつのるのだ。返還が1997年だから、それから5年後にわたしは訪れたことになる。返還の前後で香港の暮らしがどう変わったのかなど知ることのできる文献があったらぜひ読みたいと思う。

これは個人的な印象だけれど、香港はアジアの他の大都市に比べ、雑多な雰囲気がある割には秩序があると思う。市民には一定のレベルの教養と常識があるのだろうと感じさせられる。(本当にあくまでも私見であり、実は問題もたくさんあるのかもしれないが・・)だからストレスもあまり感じなかったのではないかな。(たとえば上海ではKFCに入って注文しようにも順番というものが一切なく、われ先にの精神に圧倒されたし、小龍包の有名なお店に並んでいると、横入りされて唖然としたりも。また空港からのタクシー運転手はタバコをずっと吸っていて気持ち悪くなってしまった。ソウルではタクシーの運転手が短気な人が多くてヒヤヒヤしたり。)でも香港ではそんなことがなかった。(たまたまかな?)たまたまでもいいのだ。それがわたしの香港が好きな理由のひとつであることには違いないのだから。

しばらく行っていない間にどんどん変化しているのだろうか。香港。

そんなことを確かめるためにも、また行きたい。

(今日はここまで)

2013/11/22

天使の涙

ウォン・カーウァイ監督の『天使の涙』を見た。

Angel3

きっと独特の世界観で描かれているのだろうと期待半分、『恋する惑星』ほどには惹かれないだろうと期待せず半分で見たのだが、結論を言うと『天使の涙』のほうが好きだ。

(もちろん)香港が舞台。

つかみどころのない映画であり、なおかつ流れるような映像が最初どうかと思ったが、これがまったく不快感を与えないのが不思議だった。つかみどころのなさは、むしろこの映画の優れた点になっている。

わたしの場合、アジアで初めて行った都市が香港だった。うまく説明できないのだが、香港は世界屈指の観光地でありながら庶民の生活の領域がかなりオーバーラップしていると思う。わたしが訪れた限られた都市ではあるが、ほかの観光都市では多くが観光客と庶民の生活にある種の境界線を感じるが、香港は両者が入り組んでいるように感じるのだ。奇麗だけど雑多で汚くて、またその汚れた感も愛おしく思えてしまうほどに魅力的な街に見えた。そんな第一印象をこの映画はまったくくつがえさないでくれたと思う。あの香港がそこにはある、というような。それは単に食堂とかアパートが香港的だから、というわけではなく、映像効果や、夜の香港を見せていること、殺し屋とか口のきけない青年という“普通”ではい登場人物によってなぜだか一層伝わってくる。

ところで、『恋する惑星』からの引用やパロディは、ファンへのサービスかな。(わたしにでも分かるほどストレートだったのがちょっとどうかな、と思ったけれど)

Angel4

こういうの見ると、香港に行きたくなる。

無性に。

2013/11/19

世界にひとつのプレイブック

Img_2

映画『世界でひとつのプレイブック』を見た。

公開当時、少し気になっていたのだが見逃していて、ふと蔦屋に立ち寄って目にして借りてきた。そしてこれがなかなか、というか、かなりよかった。

世界にひとつのプレイブック公式サイト

なぜ、こういう映画に惹かれるのだろうと、見終わったあとずっと考えている。

たぶんそれは、自分は日々怯えているからなのかもしれない。仕事にもやりがいを見出しながら、なんとか日々平静を保っているけれど、なにかちょっとしたことが引き金になり、平常がもろくも崩れ落ちる日が来るのではないかと不安で仕方ないのかもしれない。

この映画は、すでにどん底の状態にある男女の物語。お互い惹かれ合っているのに反発したり。特にジェニファー・ローレンスが演じる役ティファニーが素直でないけれど意地らしいところがよかったな。彼女はパット(ブラッドリー・クーパー)に対する自分の気持ちにいち早く気付いている。でも終盤まで片思いという役どころ。

どん底にあるときには、体を動かすことに限る!走ったり踊ったり。そんなことも学んだ映画だ。

それに、主人公パットのおかしな家族がこの映画のもうひとつの柱になっている。あのクレイジーさに救われる思いがしたのはわたしだけではないだろう。

どん底でもクレイジーでもなんとかなる。それが人間なのかな。

2013/11/17

プレイバック

もう随分まえにN氏から誕生日にいただいた本『君の夢 僕の思考』(森博嗣 著)をパラパラと読み返してみた。本に挟んだままになっている手紙には2002年とある。

たとえばこんなページ。

Dsc_0603


プレイバック playback (本文より)

どうして変化に対して人は臆病になるのだろうか、と考える。

そんなことを考える自分を自覚して驚く。

きっと、失敗したとき元どおりに戻れない、という心配(あるいは予測)があるからだろう。

結局のところ、失敗の大きさをどう見積もるか、にすべての判断が帰着するように思える。

しかし、人はどんなときでも、逆戻りはできないのだから、永遠に真の答など得られない。

・・・・・・・・・

前を向いて進むしかない!

ところで、N氏はこの本のことを覚えているだろうか。

2013/11/03

non title

旅の服装についてあれこれ考えている。

真冬の北欧、しかも北極圏入りということもあり、いままで経験したことのない気候にどんな装備で行ったらよいのか。

とりあえずユニクロでフリースとヒートテックのインナーとレギンスを購入した。

あまりに寒かったらヒートテックを重ね着すればよいのかなぁ・・・

Dsc_0600_2

パンツは裏地がフリースになっている。これに手持ちのスノーウェアかダウンを着る。

こんな服装でマイナス15℃(ロヴァニエミの12月、1月の平均最低気温がこれくらい)に耐えられるのか心配である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

閑話休題。

この一週間にあった職場での2つの出来事について。

ひとつは、ある件で分からなかったことがあって、先輩が郵便局に問い合わせて判明したことを、親切にも電話で教えてくださったこと。分かったことをフィードバックしてくださったことがうれしかったし、きちんとしている方だと思った。(本当ならわたしが調べてお知らせしてもよかった件なのにもかかわらず・・・)

もうひとつは、土曜の勤務で(課で一人勤務の日)、部屋に掃除機をかけ終わって席についたタイミングで、ロビーを挟んだ隣の組織(法人事務局)の先輩がドリップしたコーヒーを差し入れてくださったこと。このさりげない気遣いにハッとさせられた。

大先輩の行動を目の当たりにして、自分はまだまだだと思うのであった。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ