« 変わらず、ということ | トップページ | New Year »

2013/12/24

Xmas

今年も恒例のG先生宅でのクリスマス会におうかがいした。

参加者は何となく集まり、何となく帰っていく気楽さがとてもよい。

近所の人、先生のご家族や元同僚、それに七面鳥を買うときにコストコでたまたま知り合ったというお子さん連れの女性(女性が「この七面鳥どうやって料理するのですか?」と先生に質問したら、「ぜひ食べに来てください」と相成ったそうである!)など、いろんな人が見えていた。

Resize0033 

↑ゲストハウス

赤城山麓のご自宅のゲストハウスは、毎年すこしずつ手が加えられ、天井、壁の断熱材、薪ストーブ、シンク、トイレ・シャワールーム、ベッドルーム、そして今年はピザ窯が設置されていた。

いつもはバーベキュー用のグリルで焼かれる七面鳥が、今年はその窯で焼かれたそうで、カリッと仕上がっていたようだ。

Resize0032

↑暗くてわかりにくいがこれが窯の火

本格的なピザ窯を近くで見たのは初めてである。とにかく火が暖かい。薪を焚くってこんなに暖かいものだんだなぁ。G先生の息子さんが今年もお料理で活躍され、仕込んであったピザ生地で主にお子さんたちに生地ののばし方などを教えていた。シンプルにトマトソースとモッツァレラチーズのピザは、お世辞抜きでおいしかった。

今年は先生の義理の妹さん(Sさん)がご都合で見えておらず、とても残念だった。わたしは毎年Sさんに会うと不思議と元気になれるのだ。来年はお会いできますように。

Resize0031

↑自慢のターキーをカットするのはG先生

なかなかこのような立派なものを食べることは一般人にはできないので、大感謝です。

ありがとうございました。

ところで、カーナビがないため毎年先生のご自宅近くまで行っては迷うのだが、今年はほぼ迷わずに到着できたことがうれしい。(正確には一度引き返したのだが・・)

« 変わらず、ということ | トップページ | New Year »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ