« ラップランド州図書館 | トップページ | ビフォア・ミッドナイト »

2014/01/23

TALVISIRKUS KOSMOS

ヘルシンキ滞在中にコンサートやダンスパフォーマンスかなにかを見に行きたいと思って、現地のオフィスに調べていただいたところ、滞在する期間ではそういった催しがないことがわかり、オフィスの方の提案でサーカスショーに行くことにした。

チケットはホテルのフロントに預けておいてくださり、フロントから受け取った封筒を開けると、チケットのほかに会場までのアクセス方法(地図)も入っていて、とても助かった。地下鉄の駅を出てから徒歩で向かう会場までが不安だったので、本当に助かった。

旅先では現地のライブなどに足を運ぶことが好きだ。その国の人々のなかに居ることで、その国に居る実感がわく。小さな教会でのコンサートでもいいし、バーのジャズライブなどでも。

今回はサーカスショー。

何の予備知識もなく、とにかくヘルシンキに着いた日の夕方に向かった。

まずは、ヘルシンキ中央駅から地下鉄に乗った。市内は地上のトラムの路線が充実していて、地下鉄は郊外に移動するために敷設されている単純な路線だけなのでとてもシンプル。

*写真はクリックすると少し拡大されます(PCでご覧いただいた場合)

1resize0075

中央駅の地下へ続くホール

2resize0074

オレンジ色の車体

車内は元旦のせいかとても空いていた。

3resize0073

2駅目のRuoholahti(ルオホラティ駅)で下車して地上に出るとこのような街並みであった。

このあたりは郊外へ出る一歩手前の場所で、市の中心部と比べるとやや殺伐とした雰囲気があった。(人があまり歩いていないせいだろうか・・)

4resize0076

そして、ここが会場のケーブルファクトリー。(ガイドブックには元ノキア工場ともある)

元ケーブル工場の建物を利用した文化施設というだけあって、外観はまさに工場!

5resize0072

入り口にはサーカスショーの看板がかかっていた。

6_2resize0079

入り口を入ると地下に通じる階段があり、下りて行くとこのような空間になっている。

地下鉄を降りて会場まで歩いてくる間、会場に向かう人はほんの数名だったのに、みなさんどこからやってきたのか、ロビーはかなりの人で賑わっていた。奥には飲み物やシナモンロールを売るコーナーもあった。

6resize0077

開演前に自分の席から1枚だけ撮った写真

舞台を底にして、3方向に客席がせり上がっていた。ざっと数えて収容人数は300人ほどだったと思う。椅子は折りたたみパイプ椅子。

(音が出ます)

帰国してからYouTubeで検索したらメイキング動画があった。ショーの雰囲気はこの動画が語ってくれているので、ここでは詳しいことは書かないけれど、子ども向けかと思っていたら、大人でもけっこう楽しめるほどパフォーマンスのクオリティは高かった。ジャグリング、フラフープ、紐を使った空中パフォーマンスなど体をはったものばかりで、なおかつストーリー性をもたせている。セリフはあまり多くはないがフィンランド語。でも、内容はなんとなく想像できた。

開演から1時間ほどで一旦幕が下り、15分程度の休憩時間があり、ロビーまで行ってみると満席で多くの人がなんとシナモンロールを食べていた!

早めに席に戻ると、ピエロのような役回りの「博士」(白衣を着ていた)が、客席の子どもたちに劇中で使用した大量の黒いビニールテープをちぎって配っていた。子どもたちはみんな素直に受け取っていたのが印象的。そして、わたしの前を通り過ぎるときなぜかわたしもテープを手渡された。東洋人が珍しかったのだろうか?旅行者へのサービスかな?うれしいような気恥しいような・・・(いまそのテープは日本に来ています)

幕間のあとは30分ほどで第2部は終了。

観客の様子を見ていると、棒のくるくるキャンディーを食べながら見ている子が多かった。なんだかそれもお楽しみのひとつであるかのように。

7resize0071

会場を出ると当然のことながら真っ暗。だいたい18時すぎだったと思う。

8resize0070

地下鉄駅まで向かう途中にこのような煙突の風景があった。

(なんだかシュールですね)

9resize0069

地下鉄(メトロ)のマーク

10resize0066_2

駅の入り口(写真が曲がっていますが・・)

11resize0067

書き忘れていたが、地下鉄はかなり深いところにある。

エスカレーターはとても長い。

ヘルシンキの地下鉄は特に改札もなく、駅員が切符をチェックすることもなく乗車できる。切符の販売機はあって、もちろんちゃんと購入しなければならない。わたしはヘルシンキカードを購入してあったので、有効時間内は地下鉄もOK。わずらわしさがなくてよかった。車内では切符を持っているか確認する人が回ってくることもなかった。

このサーカスショーが、フィンランドでどのような位置づけなのかはわからないけれど、貴重なものを見ることができたと思う。役者の数は10人~12人ほどだっただろうか。一人がいろんな役をこなしていたのも見どころだった。

このショーを紹介してくださった現地オフィスには感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィンランドで見に行った過去の催し

テンペリアウキオ教会でのクラシックコンサート

アテネウム美術館でのロープパフォーマンス

セント・ジョンズ教会でのオルガンリサイタル

スオメンリンナ島の教会でのジャズコンサート

ヘルシンキ大聖堂の地下聖堂でのクラシックコンサート

« ラップランド州図書館 | トップページ | ビフォア・ミッドナイト »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ