« TALVISIRKUS KOSMOS | トップページ | ARABIA FACTORY »

2014/01/24

ビフォア・ミッドナイト

映画「ビフォア・ミッドナイト」を鑑賞。

Review_img04

「ビフォア・サンライズ」の続編「ビフォア・サンセット」が公開されたときもうれしい驚きだったけれど、3作目が制作されるとはまったく考えたことなかったので、やはり驚いたとともにぜったい見に行くと決めていた。

実は個人的には1作目で止めておいたほうがよかったのではないかとも考える。時が止まってしまえばいいのにと思えるような、そしてエンディングの余韻が続く映画だったから。

でも2作目の感想を見返すと、気に入っていたようだ。

そして3作目。

それぞれの制作までと同じ時間が主人公(ジェシーとセリーヌ)たちにも経過している。だから、1作目から18年経過していて、主人公は当然のことながら18年歳を重ねている。そしてわたしたち鑑賞する者も18年歳を重ねている。

だからかなぁ、わたしの場合はおそらく、このタイミングで初めて1作目を見たとしても、さほど感情移入できないような気がする。「あの頃」、つまり自分も主人公たちと同じような年代に見たから思うところも深かったような気がする。

2作目、3作目も同様。

今回もセリフがとてもよく練り上げられていて、前作以上に洗練されていた。相変わらずの半端でない長さのワンカットシーンにたたみ掛けるようなセリフ(会話)。ところどころにウイットを盛り込み、文学的で感情的で理論的で・・・

二人の会話はやがて深刻さを増していくように見える。最後、どう収束するのだろうかと、ずっと考えながら見ていた。すると、魔法にかかったようなエンディングで、まあ、ちょっとロマンティックすぎると言えなくもないが、場所がギリシヤということと、ジェシーが作家だという設定から、スッと納得してしまう。

感情を高める音楽の効果があるわけでもないのに、あそこまで見る側を引きつける映画はあまりないと思うし、いつまでも心に残る映画にまた加わりそうだ。

ビフォア・ミッドナイト公式サイト

« TALVISIRKUS KOSMOS | トップページ | ARABIA FACTORY »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ