« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014/02/23

つんじ

昨日は中学のクラス会があったのだが、仕事の都合で出席できず。

2か月ほど前に幹事さんから電話をいただいたとき、担任をされていたS先生も参加されると聞いて、懐かしさがこみあげてきて、お会いしたいような恥ずかしいような・・ でも、お元気だと聞いてうれしかったなぁ。

この中学3年生のクラス会は、実は卒業してすぐに(卒業式の1年後くらいだったかな?)1回目を行ったことを、みんな覚えているかな。卒業して間もないのにもうクラスメイトに会いたくなっちゃって、たしか公民館のようなところを借りてみんなで集まった。そのときわたしは確か幹事で、高校の授業が終わってから幹事4人が前橋のケヤキ並木沿いにあった喫茶店マジパンで打ち合わせをしたことを覚えている。でも、なぜかクラス会自体の内容は忘れてしまっている。

ところで、3年8組の担任のS先生はニックネームは「つんじ」である。

先生はクラス運営の一環で『積時』というクラスオリジナルのペーパーを発行されていた。たしかこの『積時』の読み方は「せきじ」だったのではないかと思う。でも、わたしたち生徒はこれを「つんじ」と読み、いつしか先生のことも「つんじ」と呼んでいた。もしかしたら、先生がご自身のニックネームは「つんじ」だと宣言したのだったかもしれない。先生に面と向かって「つんじ」と言っていたのは一部の元気のいい生徒だけだったけれど。先生ご自身は「つんじ」と呼ばれることについて、ちょっと(かなり?)うれしかったのではないだろうか。わたしは直接は言えなかったなぁ。つんじ、つんじと親しみを込めて先生を呼んでいた子たちのことをちょっとだけうらやましくも思っていた。

たしか『積時』は先生の手書きで(違ったかな?)、精神的な要素が大きかったように思う。どうにかクラスをまとめていきたいという先生の温かい思いが込められていたのだ。先生は前任校でもこの取り組みをされてきていて、継続している試みだったのではないかと記憶している。(違ったかな?)不安定で多感な年齢のわたしたちに、日々しっかり考えて行動し、毎日を大切に積み上げてほしいという意味なんだとわたしは解釈していた。

このころの自分はまだ子どものくせに実に生意気な態度もとっていた。でも、友達にめぐまれ、部活にも専念できて、なにより先生に支えられて充実した時期を過ごせたと思う。

つんじの『積時』。

この文字が表すとおり、わたしたちは一日一日、いろんな思いを抱いて時を積んでここまで来たんだなぁ。そして、これからも大切に時を積み上げていかなければと思う。

昨日は、みなさん、たのしいひと時を過ごせたのではないかなぁと思う。

2014/02/13

non title

ソチ冬季オリンピックが開催されている。

少しばかりだがスキーやスノーボードをやっていたので、テレビに映る選手たちのパフォーマンスが本当にすごいことなんだとわかる。だから、メダルがどうとかよりも出場権を得てソチに行っている選手たちに敬意を覚えずにはいられない。

それから、開会式で五輪の輪のひとつが開かなかったということだけど、この事実になんとなくほっとさせられたのは、わたしだけではないのではないだろうか。回を重ねるごとに前回を超えなければとか、完璧にとか、どんどんハードルが高くなっていくオリンピック。でもすべては人がやっていること。失敗や思わぬハプニングだってあっていいと思う。そんなことを笑い飛ばせるくらいの優しさや精神的な余裕がいまとても必要なことなのではないかと思う。

さて。

ここのところ、なぜかニューヨークばかりに思いを馳せてしまう。ニューヨークの写真集やエッセイを引っ張りだしてきては読み耽っている。これはきっと(非常に強引な分析なのだが)、初めてニューヨークを訪れたのが2月だったからではないか。(強引ですね・・)

常盤新平のエッセイ『知ったかぶりニューヨーク』にワールドトレードセンターのことが書かれている。このエッセイが発行されたのは1989年。この当時のニューヨークにひどく惹かれるわたしにとっては、1ページ1ページが宝物のようだ。常盤新平氏はニューヨークに魅了された一人として奢ることなく実に謙虚にニューヨークについて語っている。常盤さんはワールドトレードセンターを訪れているのに対して、わたしはついに訪れることがなかった。いろんな場所から見たけれど。だからとにかく、ビルがなくなってしまったいまでも、あのビルに対するあこがれのようなものが自分のなかに存在し続けているように思う。ずっと変わらずに。

Resize0391

これは『ニューヨーク空中散歩』という写真集で、1988年発行。

このページはワールドトレードセンターの屋上展望台の写真で、その向こうに見えるのはブルックリンブリッジ。展望台が屋外にあることをこの写真を見るまでは知らなくて、きっと屋内最上階なのではと思っていたので、この高さにおいて生身の体が外気にさらされるってどんな感じなのだろうと想像してみる。

Resize0392

ニューヨークが隅々まで鮮明な写真で撮られているこの写真集を古本で見つけたときはうれしかった。ちなみにこの写真集は常盤新平著『キミと歩くマンハッタン』で紹介されていたのだった。 ニューヨークを歩くと高層ビルを見上げるばかりだが、こうして空中からの写真を見るとまた新鮮で、見ていて飽きない。どのページにもランドマーク的なビルや建造物があるので、それがニューヨークのどこなのかがすぐにわかる。上の写真のページはアッパーウエスト。このエリアは散策したことがないので、いつか歩きまわってみたいなぁ。

2014/02/09

Arktikum(アルクティクム)

アルクティクムはフィンランド、ロヴァニエミにある主に北極圏、ラップランド地方をテーマにした自然史博物館。深夜にこの町に到着して一夜明け、ホテルでタクシーを呼んでもらってまずアルクティクムに向かった。

オフィシャルサイト

1resize0092

エントランス。

開館10時に合わせてホテルを出たつもりだったが、すぐにはタクシーが来なくて10時半くらいに到着。

上の写真、エントランスの右はアートの展示スペースになっていて、左側はカフェになっている。

2resize0090

建物に入ると、北に向かって細長い構造になっている。

この細長い通路の両脇に展示スペースがある。展示スペースは地中に入っているようなので、ガラス張りの通路がニョキッと伸びているという外観だ。

3resize0091

Resize0103

↑こんな外観(この写真のみwikipediaより)

4resize0093

先端はこのようになっていて、外側はオウナス川沿いの散歩道になっている。

展示スペースでは、写真撮影可の部屋と不可の部屋があって、あまり撮れなかったのだが、いくつか紹介したいと思う。

5resize0098

これはオーロラの映像を寝ころんで鑑賞できるコーナーで撮影したもの。あまり広くないスペースで、20人くらいしか寝られなかったように思う。子ども向けの展示室に設置されていて、親子連れが多かった。

6resize0094

ホッキョクグマのはく製

7resize0100

窓の外にホッキョクグマが見えるが、これは映像で(動画)、こちら側は人家の設定。こんなふうに家の外に突如としてクマが現れたら・・・ を疑似体験できる展示。

8resize0097

北極地方の動物を紹介するコーナーでは、このように動物の説明を記したキューブをくるくると回せるようになっている。

9resize0095

10resize0096

また、小動物のはく製(だと思う)が、小さな子どもの目線に合わせた高さに、このように展示されていた。

実は一番感動したのは、撮影は禁じられていた「ラップランドの自然や生活、歴史、文化などを紹介している部屋で、特にエルク(ヨーロッパではエルク、北アメリカではムースとよばれている)のはく製には感動せずにはいられなかった。

何が感動かというと、その大きさだった。

エルクってもっと小さいのかと思っていたものだから。

調べてみると、体長240-310cm、肩高140-230cm、体重200-825kgとある。

初めてフィンランドに行ったときに、ヘルシンキのアクセサリーショップで旅の記念にシルバーのリングを買って、以来ずっと指にはめている。そのリングのモチーフがエルクだと購入するときにお店の人が教えてくれた。そのときから、なんとなくエルクが特別な動物になっているような感じがしていた。それでなのか、巨大なはく製を前に息をのんでしまう。本物のエルクを見られたら一番だけど。

2時間ほどかけてじっくり鑑賞してから、館内にあるカフェでランチをとり、そのあとは徒歩でロヴァニエミのメインストリートを抜けてラップランド州図書館に向かうことになる。

2014/02/01

ARABIA FACTORY

ヘルシンキ5度目にして初めて行ったアラビア・ファクトリー。

ここにはフィンランドを代表する陶磁器メーカー「アラビア」の工場に付設されているアウトレットショップがある。アラビアの商品は街の中心地や空港でも購入できるが、ここではB級品が安価で求められるので、観光客に人気のようだ。B級品といっても、わたしのような素人には見分けがつかないレベル。

アラビアというメーカー名は、創業当時の工場があった通り名に由来しているとか。

*写真はクリックすると少し拡大されます(PCでご覧いただいた場合)

Resize0387

ファクトリーには、トラム6番か8番で行くことができる。

わたしは街の中心地から乗ったので6番を利用。初めて行くエリアだったので、やや緊張したけれど、さほど遠くもなく、こんなにラクにアクセスできるのになぜいままで行かなかったのかと思った。旅の目的に「買い物」がメインではないからかな。

終点のひとつ手前のArabiankatuで下りると建物に縦に記されたあの「ARABIA」の文字が見えるので迷うことはなかった。

余談だが、トラムに乗っているとき、途中で一人の老人(男性)が乗ってきたので席を譲ろうとしたら、「すぐ降りるから大丈夫」と言われた。(フィンランド語だったのだが、身振りでそう言っていることはわかった)そしてその人はわたしに「アラビア?」と聞いてきたのでうなずくと、ニコッとしていた(と思う)。次の停留所でその老人は下車して、杖をつきながらゆっくり歩いて行った。

きっと多くの日本人観光客がこの路線に乗るのだろうなぁ・・・と思った。

Resize0384_2

最初、「ARABIA」と書かれた古い建物(煙突のある建物)にショップがあるのかと思って、1Fの入り口を入るとそこは何やらスーパーかコンビニのような店で、びっくりして外に出ると建物脇の通路に入って行く人波があって、きっとそこが入口なんだと気づく。古い四角い建物のとなりに近代的な建物がぴたっとくっついていて、図書館やほかのショップなどが入った複合施設だと行ってから知った。

上の写真はその内部の様子。わかりにくいと思うが、正面に古い建物(煙突のある建物)がくっついている。

ヘルシンキではこのような古さと新しさが一体化されていたり、隣り合わせていたりするケースをしばしば見かける。「融け合っている」のとは違うように思うのだが、違和感を感じないのは自分なりに考えると、ヘルシンキの古い建物ってどこか「冷たい」または「硬質な」感じを湛えていることによるのかもしれない。それらはガラス張りの新しさと並べても違和感がない。

Resize0385

施設の中にある図書館。

中での撮影は迷惑になるかと思い、外の階段から撮影した。

Resize0386

1Fのカフェ。

この奥がアウトレットショップ。アラビアとグループを同じくするイッタラ(iittala)の商品も格安で購入できる。それにロイヤルコペンハーゲンなどの商品もあった。

となりにはフィンレイソン(Finlayson)のアウトレットも。

あれこれ悩んだ結果、自宅用にイッタラの白い食器(Teema)と、お土産にムーミンマグを2つほど購入。フィンレイソンでもお土産を購入した。食器ってスーツケースで持ち帰る際に割れないか心配なのだが、そこはさすがに外国人観光客相手にしているショップだけあり、割れないようにしっかり梱包してくれた。

Resize0390

ティーマ(Teema)シリーズは、シンプルで実用的、しかも丈夫。

21cmのサイズにしてみた。

店内はやはり日本人が多かったように思う。それから中国人、韓国人も。みなさんステンレス製のカゴを片手にあれこれ吟味していた。

旅先で食器類を買うのもいいものだと最近思う。その食器を使う度にそのときのことが思い出されるから。

たとえば、これ↓

Resize0389

いつだったか、だいぶ前のこと。ニューヨークのロックフェラーセンター地下の雑貨屋のようなところで見つけたイッタラの食器。1枚だけしか残っておらず、でもセールでとても安かったので買った。確か十数ドル。(これって普通に買うとすごく高いのです) 店員からも「いい買い物しましたね」とか言われた記憶がある。

それにこれ↓

Resize0388

これもイッタラ(Teema)。

これはベルリンのウンターデンリンデンに面したイッタラ専門店で見つけた。そこに専門店があることも知らず、たまたま通りかかったのだった。(そういう偶然の発見もよいものです)このときお店の入口に「外出しますがすぐ戻ります」というメモが貼ってあって、外で待つと確かに数分で店員さんが戻ってきたことも思い出される。

人気のない色なのか半額くらいだったと思う。3個ほど買ってきて普段使いにしている。おそらくセールになっていなかったら買わなかったであろうマグ。毎日、使わない日はない。

Resize0383

買い物(といっても少しばかりだけど)を済ませ、外に出るともう真っ暗で淋しい雰囲気になっていた。(この建物のライトアップがまた良いですね)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ