« LIFE! | トップページ | あなたを抱きしめる日まで »

2014/03/27

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」を見た。

Nebraska

休暇が取れたので東京で映画を、と決めていて、「ネブラスカ」にするか「ランナウェイ・ブルース」にするか悩みに悩んでネブラスカに。

理由のひとつはそのタイトルによる。(だってネブラスカですよ)

アメリカ西部になぜだかとてもひかれる。荒野の哀愁を帯びた大地に点在する小さな町々とそこで暮らす人々について知りたい思いが強いところが自分にはある。

この映画はモノクロで、映画を見る前は、アメリカの景色をせっかく見られるのに、モノクロだなんて物足りないのではないかと考えていたが、いざ見始めると、あまりにも単調な景色や荒廃した町が、モノクロの映像を通して見せることでむしろ「特別化」していたように思えた。(あとから考えると、なのだが。そして、うまく説明できないのだが。)

この映画の一番は、父親役の俳優の名演技だった。インチキな類の通知を信じて賞金が当たったことをひたすら信じ、それがまるで命をつなぎ止めるための一滴の水であるかのごとくネブラスカのリンカーンに向かおうとする姿を、悲しいほどコミカルに演じている。そして、この名優のエンディングでの「心の動き」をわたしたち観客は決して見逃さない。すばらしかった。

そして、息子たち。特に二男が心優しい。老いてボケはじめた父であっても、敬意をもって接しているのだ。父の行動に対してやるせない気持ちになっても、父の立場や生きてきた時間を敬う気持ちが伝わってくる。最後に彼がとった行動は、父がなぜそこまでして賞金を手に入れたいのかを理解し、そのすべてを叶えてあげた魔法である。

母親は毒舌家。でも憎めなくて、終盤はこの人のことをきっと観客はみんな好きになっている。

旅の途中、一家が父親の生まれ育った家を見に行くシーンは特に心に残る。



モンタナ→ワイオミング→サウスダコタ→ネブラスカ

荒野、ハイウェイ沿いに時折現れる何かの看板、電信柱、モーテル、廃れかかった酒場・・・

わたしにとってのアメリカの原風景を見ることのできた映画。

Map


ところで、あんなに大きなコンプレッサー(空気圧縮機)を、一般家庭で一体何に使うのだろうか。映画では確か塗装とか言っていたけれども。コンプレッサーを持っていることって、古きアメリカの一般家庭のステイタスだったのだろうか。。



ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 公式サイト

« LIFE! | トップページ | あなたを抱きしめる日まで »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ