« チョコレートドーナツ(Any day now) | トップページ | non title »

2014/05/31

non title

中学のときの恩師S先生が亡くなったという連絡が同級生からあった。


数年前に学年の同窓会があり、わたしは仕事で出られなかったのだが、同級生がS先生と写った写真をメールしてくれて、お変わりない様子だったのに。

わたしは中学から高校にかけて部活動で剣道をやっていた。中学に入ると何か部活に入らなければならず、理由はいまではよくわからないのだが、剣道部に入部した。いま思い返すとそのときの剣道部の顧問の先生は名目上の顧問であって、剣道の指導はされていなかったので、そのような部に入ったことはかなり無謀だった。そんな環境で、同じく中学に入って始めたばかりの先輩による指導で1年が過ぎていったのだった。

そして2年生のとき。S先生がわたしのいた中学に赴任され担任になったと同時に、なんと、剣道部の顧問に就かれたのだ。そのときS先生は剣道五段だとうかがった。それからの部活は一変した。S先生の指導はすごく厳しいもので、ときには弱音を吐きそうになるほどだったのだ。特にその日の最後に行う「掛かり稽古」は地獄の苦しみで、ひとりひとり順番にS先生にかかっていくというもの。先生はその稽古で手加減しなかった。(とそのときは思っていたけれど、本当はすごく力を抜いてくださっていたんだろう)どんなにこちらが力いっぱい向かっていっても打ちのめされてしまい、先生はびくともしなかった。その上、脳天に一発先生の竹刀が打ちつけると、頭からつま先まで稲妻が走るような衝撃があり(大げさに思われるかもしれないけれど、本当なんです)くらくらした。全員の相手が終わると先生はもう一回やりたい生徒がいればとことん稽古をつけてくれた。わたしは納得がいかないとよくお願いしていたのだが、2回目は先生も少し手加減してくださったのではないだろうか…打ちやすいようにご自分から面を差し出してくれ、最後はこちらが気持ちよく終われるように配慮してくださっていた。

S先生のおかげでわたしたちはみるみる力をつけていった。やはり指導者がいるのといないのとではぜんぜん違うのだ。試合にも勝てるようになって、剣道の面白さや奥深さを知ったことは大きい。当時わたしは剣道が楽しくて楽しくて仕方ないほどだった。

もしS先生に出会わなかったら恐らくわたしは高校では剣道を続けなかっただろう。高校では二段まで取り、以後履歴書の特技欄に「剣道二段」と書けるようになり、唯一の特技として燦然と(?)輝いている。それから何より、もうこれ以上無理だと思うほど苦しくても、余力をふりしぼれば物事に立ち向かうことができることをS先生から教えていただいた。

心より先生のご冥福をお祈りします。

« チョコレートドーナツ(Any day now) | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ