« オルセー美術館展 | トップページ | non title »

2014/08/27

バージェス家の出来事

「バージェス家の出来事」

エリザベス・ストラウト

小川高義 訳

Burgess

ニューヨークで暮らすやり手の弁護士ジムと心優しい弟のボブのもとに、ボブの双子の妹スーザンからある日電話がかかってくる。息子ザックが事件を起こしてしまったと。スーザンは兄弟の故郷メイン州に残り暮らしていた。このことがきっかけで物語は動き出す。そして、それまで落ち着いた暮らしを築いていたかのように思えた兄弟は、幼少のころに起きた父親の死の原因について心に傷を負っていて、ザックが起こした事件と並行して次第に読者の興味を引いていく。ただ、ザックの事件はあくまでもこの物語の動き出しの「きっかけ」と三兄弟それぞれの心の在りようを見せるこれも「きっかけ」であり「主」ではないように思う。人生において誰もが常に何かに悩み葛藤していると思うが、それを小説であらわすには巧みな仕掛けが必要だ。そう考えるとやはりこの小説は絶妙だと言える。長い年月、心のなかにはびこってきた鈍感な痛みは、そう簡単には消えないけれど、考えては肯定と否定を繰り返し、少しずつ痛みは癒えながらいつしか自分の一部になるのだ。それがなければ自分ではないかのようなものになるまで。

また、登場人物一人だけの視点から描かず、それぞれの視点で描かれているので(複数人の考えが表されている)、物語がとても立体的に構成されている感じがした。これは「オリーヴ・キタリッジの生活」と共通しているといえる。

アメリカ東部のメイン州の田舎町と大都会ニューヨークを行ったり来たりしながらの展開もよい。

何があっても兄弟は兄弟で、ここは夫婦と違って、崩れてしまったように思える絆も細々とでも繋がり再生の手助けになることを描いている。絆と呼ぶほど大げさなものではないかもしれないけれど。そして、物語では何一つ解決するわけではないのにラストはとても清々しい。よくわからないけれど、たぶん「なんとかこの先もやっていけそうな予感」が主人公たちにもたらされるからだろうか。

「オリーヴ・キタリッジの生活」が好きな人はオリーヴに愛着を覚えたように、「バージェス家の出来事」では多くの読者がボブを好きになると思う。

« オルセー美術館展 | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ