« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015/01/21

ヘルシンキ大学図書館

2015年元旦から2泊でヘルシンキに滞在。

今回一番行ってみたかった場所、ヘルシンキ大学図書館を紹介します。
この図書館は、いろんな方のホームページでも紹介されているようですので、ここで改めて紹介するまでもないのですが、記録として。

宿泊先のあるHakaniemiから中心部に向かってトラムで行くと、Kaisaniemiという地下鉄の駅が見えてきて、そのすぐ前に、事前にネットで調べたときに見た特徴のあるエントランスが見えたので下車。迷うことなく行くことができた。


(館内は図書館の許可を得て撮影しました)

1resize0064

2resize0065

↑シックなデザインのエントランスで、中の色調からすると意外だったけれど、外観は周囲の建物に馴染んでいる。

3resize0063

↑建物内に入るとすぐにカフェがあり、文房具や大学オリジナルグッズの販売も兼ねていた。

Resize0072

↑(このカフェでは軽いランチもとれます。わたしはサーモンのスープとパンとコーヒーでランチにしました)



Resize0073

41resize0068

↑ホールはこのように楕円形の吹き抜けになっている。写真に入りきらないのが残念。

42resize0060

↑各階の吹き抜けの部分はこのように学習スペースになっているところがユニーク。

43resize0052

↑本を積み上げてつくったツリーが飾ってあった。

5resize0056_2

↑階段はくるくるとループ状になっていて、こちらも思わず写真を撮りたくなるデザイン。

6resize0057

↑階段を横から見るとこのようになっている。各階の天井は低く抑えてあるのがわかる。(1フロアがこの高さなら、階段を登るのが苦にならないですね)

9resize0062

↑色調は白で統一されている。白ってちょっと平凡かなとも思ったけれど、清潔感があって照明が強くなくても明るさが出るので、文字を追うような場所では適しているのかなと思った。

11resize0058

12resize0055

↑雑誌の閲覧スペース。全体的に棚は低くなっていて、変化を持たせている。


Resize0070

13resize0053

↑最初これは何かな?と思ってみていると(想像はついたけれど)、利用者がやってきてここから本を返却していた。本を小窓にかざすとセンサーが本の情報を読み取って「ピッ」と音がしていた。子どもや車椅子の利用者への配慮だろうか、モニターの高さを変えて2つあるのがよかった。(この図書館は市民の公共図書館の機能も果たしています)

14resize0059

↑ソファも温かみがあって目を引くデザイン。

15resize0066

↑フロアには水を飲める(もしかしたら手を洗うためのもの?)コーナーもある。これも白!

16resize0067

↑トイレの入り口も白!(フロアから続きで直接トイレの個室になっています)



Resize0071

↑ゴミ箱(素敵なデザインですね)

17resize0054

↑フィンランドらしく木製の椅子とテーブルが置かれたラウンジもあった。窓の外にはヘルシンキ大聖堂を、一般の観光客があまり目にしない角度から臨むことができる。



図書館は大学の校舎とも直結していて、当然のことながら大学内は一般の人が出入りできないところはセキュリティがかかっている。

ヘルシンキ大学図書館ホームページ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ