« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015/05/15

旅 香港

Img_20150504_204225

PCでご覧いただいている場合、写真をクリックすると拡大されます。

5月初旬に久しぶりに香港を訪れました。

アメリカやヨーロッパに断然興味があるのだけれど、アジアのなかでなぜか香港だけは特別。混沌としているけれどイギリス文化の影響からか秩序があって、洗練されているところが好きなのだろうと思う。

ツイッターやインスタグラムで現地から、また帰ってきてからも断片的に感じたことや訪れた場所について書いているので、ここでは少しだけ跡を残しておこうと思う。

1resize0156

これまで宿泊したのは、大半が九龍側だったのだけれど、インターネットでホテルを探していて、香港島にあるアパートメントタイプのホテルで素敵なところを見つけてしまい、今回はコーズウェイベイに滞在した。上の写真がホテルの外観。1~3階はレトロな外観になっているが、宿泊階は近代的なデザイン。

2resize0155

↑ホテルの前の通り

学校が隣接しているため、落ち着いた雰囲気があった。

コーズウエイベイは香港屈指の商業エリアなので、駅周辺はチープな屋台通りから高級ブランド店までが軒を連ねているが、ホテルのある場所はそこから1本外れているため、閑静な雰囲気を漂わせている。近くには香港中央図書館やスポーツ施設もあり、落ち着いたエリアだと思った。

3resize0153

↑部屋からの眺め

チェックインのときにアップグレードしておきますね、と言われてたどり着いた部屋は8階のクイーンサイズベッドの部屋で、窓からの眺めは上の写真のとおり。この建物は一方向だけ景色が開けているのだが、眼下にはトラムが走っているのが見え、正面にはヴィクトリア・パークが全部ではないけれど見える開放的な部屋だった。8階というのもよかったと思う。あまり高層階だと人の往来が見えないから。

Resize0159

部屋にはゆったりしたソファや机、それにミニキッチンもついていて、買ってきた果物を冷蔵庫で冷やしておいたり、お皿やナイフ、電子レンジやトースターなど暮らすに事足りるくらいのキッチン用品が揃っていた。実際に使ったのはやかんとマグカップ、それに果物ナイフくらいだったけれど。ミネラルウォーターやスナック類が無料で備えられていたのもうれしかった。やかんにミネラルウォーターを入れてIHコンロで沸かして、朝と夜にコーヒーを飲めてよかった。

Img_20150504_014234

↑1階ロビー

レセプションは2階、1階はドアマンが基本1人いるだけで、仰々しさがないところが気に入ってしまった。宿泊客は欧米人が多いのではないかと思う。エレベーターに乗り合わせた人たちから推測すると。

4resize0157

5resize0154

上の2枚はヴィクトリア・パーク。

実は以前この近くのホテルに宿泊したことがあったのだが、せっかく公園があるのに散歩もしなくて、今回はちゃんと朝、来てみた。太極拳やジョギング、ウォーキングで健康を維持する人で公園内はだいぶ賑わっていた。公園はほかに九龍公園にも行ってみたけれど、それぞれに趣が違う感じがした。

6resize0148

コーズウエイベイに隣接したところに大坑(タイハン)という低層の建物が固まっているエリアがあるのだが、そこを昼間と夜の2回歩いてみた。上の写真のように超高層マンションに囲まれるように6階前後のアパートが立ち並んでいる。1階はレストランやバー、アイスクリーム店などの店舗として利用されていて、夜行ったときにアイスクリームとお粥を食べてみた。アイスクリームのほうはいま話題になっている有名店のようで申し分ない美味しさ。そしてお粥のほうはというと...これも美味しかったのです。古くてあまり綺麗とは言えない(と言っては失礼だけど)、本当にそのようなお店で衛生面は大丈夫なのだろうかと思うけれど、地元の子どもやおとな、タクシーの運転手がひっきりなしにやってきて、お店で食べたりテイクアウトしたり。店先でおとうさんが蒸し器のようなものに布を敷いて、恐らくお米の粉を溶かしたようなものを流し込み、具材(たぶん牛肉あたり?)を置いて、固まったらくるくると巻いて出来上がりの何かを作っているのをお粥をすすりながら見られたりと、いつかの時代のどこかの街にタイムスリップしたような感覚になっていた。外は結構雨が降っていて、明日の早朝には空港に向かわなければならないという夜遅い時間に、お粥屋でぼーっと過ごすというのは、独特の体験だと思うし、妙に刻まれた気がする。

Img_20150505_232428

↑これがそのお粥屋さん

Dsc_1719

何の味付けもしていないとろとろの白粥と揚げパンのようなもの。

揚げパンをちぎってお粥に浸して食べるのですが、なかなか美味しいのです。さすがにパンは油っぽいので全部は食べられなかったのですが。残ったものを袋に入れて持たせてくれました。

これで確か18HKドルほど。280円くらいかな。

Dsc_1720_2

店内の様子

Resize0158

壁の時計を見ると夜10時近く。

写真の男性のテーブルに乗っているお皿が、たぶん前述の牛肉か何かの米粉クレープ巻きではないかと思われる。

床や壁のタイルがよくわからないけれど香港っぽいかな。

大坑エリアの話に戻ります。

7resize0151

自動車の修理工場があったり

8resize0149

ランチタイムには地元の人たちで食堂も賑わっていて、でもとてものどかな光景。

そして夜は

9resize0147


10resize0146

こんな雰囲気。

意外と窓灯りは少なく、空き部屋が多いのかもしれないと思った。

もしかしたら、何年か後には開発が進んで、このあたりも高層マンションに建て替わってしまうのかもしれない。

----------------

この他に印象に残ったのは次のことがらです。

★ 奈良美智 個展「無常人生」・・・金鐘のアジア・ソサイエティで開催していました。

★ 重慶大廈(チョンキンマンション)・・・いまさらながら。

★やっぱり、スターフェリー・・・以前、スターフェリーについて書いています → Star Ferry

ところで、以前のブログにフェリーには自動的に2階のデッキに行くような仕組みになっていると書いているが、今回、ぼーっとしながら乗ったら、1階デッキへ乗船していた。どちらか選べるみたいで、料金も少し1階のほうが安い。ただ、たかが10分程度の船旅でも、下はかなり揺れて酔ってしまったので、2階席をおすすめします。まあ、一度は船底もいいですけれど。水面が近くてそれはそれで悪くないです。

Img_20150504_214756_2

↑スターフェリーの1階デッキから撮った写真。

 揺れているし酔ってるで、ブレブレです(笑)

----------------

かなり間をあけて久しぶりの香港だったのだけど、急速な中国化は感じられなかったし、トラブルに見舞われることもなく過ごせたので、とてもよい印象で帰国しました。自分の旅のスタイルに合う都市だなぁと改めて実感しました。スタイルというのは、ガチガチに予定を決めないであまりガイドブックに頼らず、行き当たりばったりの、でも耳を澄ませてその場に浸るというような。そんな感じです。

香港中央図書館に併設されたカフェで絵葉書を書いていたら、前の席に5~6歳の男の子とおそらく彼の祖母が来て、男の子がしきりにわたしを気にしていたので、少し相手をしました。相手といってもジェスチャーで。まず、彼が付けていた腕時計が妙に目についたので(だってショッキングピンクだったから)、時計を指す仕草のあと、親指を立てて褒めたら、彼は大喜びです。そのあと、わたしが何を書いているのか気になったようだったので、香港の写真の絵葉書だということを教えてあげたり。最後に紙に「日本」と書いて見せたら、小声で広東語でか何語でかわかりませんが発音して「やっぱりね」という表情をしていたのを思い出します。所詮わたしが旅先で交流する相手はこんな小さな子どもだったりするわけですが、きっとこれからもずっと、あのカフェを思い出すときあの子のことを思い出すのだと思うのです。そしてもしかしたら、あの子もおとなになって、そういえばあのカフェで日本人と交流(?)したっけ...という具合になるかもしれません。

そんなスタイルの旅をこれからも続けていけたらいいなと思っています。

Resize0160

↑香港中央図書館のカフェから見えた景色

あの子はあれらの高層マンションのどこかの部屋に住んでいるのかな。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ