« Boston Public Library | トップページ | 久しぶりの更新になりました »

2016/07/04

教授のおかしな妄想殺人(Irrational Man)

すっかり更新を怠っておりました。

最近は手軽に発信できるツイッターやインスタグラムがメインで、ブログを書くのには、重い腰をよいしょこらと持ち上げなければならない感じです。発信スタイルは急激に変化していますね。近い将来「そういえば、昔、ツイッターとかフェイスブックっていうのがあったよね~」なんていうときが来るかもしれません。

Prof


さて、先日東京へ出たついでに渋谷のBunkamuraで、ウディ・アレンの新作「おかしな教授の妄想殺人」を見てきた。

ウディ・アレンは御年80歳だそうだが衰えをまったく感じさせない内容で、いや、ますます彼らしさに磨きがかかっているとさえ感じた。主人公の大学教授(ホアキン・フェニックス)は、クレイジーで、ウディ・アレンの映画において必要不可欠な人物。本来なら監督本人が演じたいところだと思うのだが、さすがに高齢なので描きたい人物に対応できないのでしょうね。最近は別の役者に演じてもらうスタイル。そして、そんな大学教授に魅かれるのは、女学生(エマ・ストーン)。ドフトエスキーを読破したというセリフなどから、優秀な学生だと想像させる。

Prof2

この映画の見どころは、最初は見ているわたしたちは大学教授に共感し、決して嫌いではなく、エマ・ストーンと同様に彼のことをだんだん好きになっていくのに、教授が一線を越えた行動を起こしてからは、別人に見え、彼に対する見方に変化が生じるというところかな。
原題にもあるように「理性」がテーマになっていて、ギリギリの線で共感できることも、それを踏み越えてしまったら、まったく違う考えになってしまうことがよく描かれている。

わたしたち人は、日々退屈だったり、生きる気力を失いかけたりするけれど、ひょんなことがきっかけで活力が生まれてきたり、ウキウキ、ワクワク、ドキドキしたりするもの。誰もが日々、大袈裟なものではないけれど、生きがいや当面の楽しみを探しているのかも。でもそれは、誰かを傷つけたり、犯罪に手を染めたりするような類のことではいけない。「人間に与えられた理性」を発揮する(守る)ことが幸せになる秘訣なのだと映画は語っていたように思う。そのことは、終盤にエマ・ストーンが、教授がしでかした事実を知り、気持ちが冷めてしまう(それどころか嫌いになる)シーンが教えてくれる。

舞台はアメリカのとある町ということだが、おそらく東部。ときおり海岸のシーンが出てくる。古い落ち着いた大学町。教授の授業のシーンも少し出てきて、本来大学教育というものはこんなふうに進められていくんだったなって思い出させてくれる。

ホアキン・フェニックスって、映画で初めて見た。あのリバー・フェニックスの弟だとか。

そして、相変わらず音楽が秀逸。

前回のW.アレン作品「ブルー・ジャスミン」より後味は良い。

教授のおかしな妄想殺人 公式サイト

« Boston Public Library | トップページ | 久しぶりの更新になりました »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ