2016/12/28

久しぶりの更新になりました

ずいぶん更新に間があいてしまいました。

最近はツイッターとインスタグラム、たまにフェイスブックで日常を伝えていて、ブログがおろそかになってしまっています。みなさん、お元気でしょうか。

今年もあと3日を残すばかりです。今回の年末年始も短期間ですが旅行をする予定にしています。行先はデンマーク。初めての地です。最近は夏の終わりころに年末の旅先を決め、航空券とホテルの予約をしたあと、たいした下調べもせずに出発するという流れになることが多く、今回も何の予習もしないままです。でもそのほうが良いのかもしれないと思うようになっています。ガイドブックのモデルコースに従って行動するよりも、現地に行ってから、その日の気分や体調に応じて行動するほうが後々記憶に残るものです。

現地はきっと薄暗く、寒く、もしかしたら気が滅入ってしまうような雰囲気かもしれませんが、とにかく行くと決めたので、気分転換をしてきたいと思います。

今年は春先に副鼻腔炎の診断を受け、なんと全身麻酔の手術を受けました。10日間の入院も体験し、いつにない年になったと思います。麻酔を担当してくださった先生が、以前自分が働いていた大学病院からの先生で、手術室でとてもとても久しぶりに再会し、状況が状況だっただけにちょっと恥ずかしかったですが、当時尊敬していた先生だったので、うれしかったのでした。きっと自分のことに気付かないだろうなと思っていたのですが、麻酔から覚めたとき(というか名前を呼ばれて覚醒したのですが)、「覚えてる?」と言ってくださって。なんか涙が出てきてしまったのでした。お互いしらんぷりもできたのに、声をかけてくださったことがうれしくて。手術後、わたしの鼻には6枚のガーゼが詰め込まれ、情けない状況で入院生活を送っていましたが、出血も治まり、ガーゼも取れて、明日退院という夕方にその先生が病室を訪ねてくれて、積もる話をしたことが思い出されます。特に数年前に他界した当時助教授だった先生の思い出話に至ったときには、ジーンと温かいものがこみあげてきました。時の流れとともにいろんな物事が浄化された感覚でした。

わたしはあまり人に対して印象的ではないところがあるのではないかと常々思っているのですが、当時(もう20年も前になる!)のわたしをとてもよく覚えていてくださり、印象を話してくださったとが、有り難く思えた入院でした。なんかヘンですけれど。

ちなみに入院先は建て替えられたばかりの総合病院で、個室を取れたのですが、とても住み(?)心地がよく、ちょっとしたホテルに宿泊しているかのようで。毎日数本の点滴が苦痛でしたが。本を何冊も持っていったのに、案外読めなくて、寝てばかりいました。(笑)

また一年誠実に生きていきたいと思う年の瀬です。

2017年もよろしくお願いします。

Img_20160505_182042

↑病院のフロアからの眺め

久しぶりの更新になりました

ずいぶん更新に間があいてしまいました。

最近はツイッターとインスタグラム、たまにフェイスブックで日常を伝えていて、ブログがおろそかになってしまっています。みなさん、お元気でしょうか。

今年もあと3日を残すばかりです。今回の年末年始も短期間ですが旅行をする予定にしています。行先はデンマーク。初めての地です。最近は夏の終わりころに年末の旅先を決め、航空券とホテルの予約をしたあと、たいした下調べもせずに出発するという流れになることが多く、今回も何の予習もしないままです。でもそのほうが良いのかもしれないと思うようになっています。ガイドブックのモデルコースに従って行動するよりも、現地に行ってから、その日の気分や体調に応じて行動するほうが後々記憶に残るものです。

現地はきっと薄暗く、寒く、もしかしたら気が滅入ってしまうような雰囲気かもしれませんが、とにかく行くと決めたので、気分転換をしてきたいと思います。

今年は春先に副鼻腔炎の診断を受け、なんと全身麻酔の手術を受けました。10日間の入院も体験し、いつにない年になったと思います。麻酔を担当してくださった先生が、以前自分が働いていた大学病院からの先生で、手術室でとてもとても久しぶりに再会し、状況が状況だっただけにちょっと恥ずかしかったですが、当時尊敬していた先生だったので、うれしかったのでした。きっと自分のことに気付かないだろうなと思っていたのですが、麻酔から覚めたとき(というか名前を呼ばれて覚醒したのですが)、「覚えてる?」と言ってくださって。なんか涙が出てきてしまったのでした。お互いしらんぷりもできたのに、声をかけてくださったことがうれしくて。手術後、わたしの鼻には6枚のガーゼが詰め込まれ、情けない状況で入院生活を送っていましたが、出血も治まり、ガーゼも取れて、明日退院という夕方にその先生が病室を訪ねてくれて、積もる話をしたことが思い出されます。特に数年前に他界した当時助教授だった先生の思い出話に至ったときには、ジーンと温かいものがこみあげてきました。時の流れとともにいろんな物事が浄化された感覚でした。

わたしはあまり人に対して印象的ではないところがあるのではないかと常々思っているのですが、当時(もう20年も前になる!)のわたしをとてもよく覚えていてくださり、印象を話してくださったとが、有り難く思えた入院でした。なんかヘンですけれど。

ちなみに入院先は建て替えられたばかりの総合病院で、個室を取れたのですが、とても住み(?)心地がよく、ちょっとしたホテルに宿泊しているかのようで。毎日数本の点滴が苦痛でしたが。本を何冊も持っていったのに、案外読めなくて、寝てばかりいました。(笑)

また一年誠実に生きていきたいと思う年の瀬です。

2017年もよろしくお願いします。

Img_20160505_182042

↑病院のフロアからの眺め

2015/10/23

燈華会(とうかえ)

Resize0300

Resize0303

ブログの更新が滞っておりました。

以前はもっとマメに書いていたように思いますが、ツイッターやインスタグラムがこのブログにとって代わってきているかもしれません。

さて、最近は静かに暮らしているため、これといって書くこともないのだけど、そんななか、伊勢崎市で開催された燈華会(とうかえ)というイベントに足を運んだ。その朝、フェイスブックをぼんやりながめていたら、ある方がこのイベントの情報にいいね!していて知ったのだった。情報が向こうから跳びこんでくるというスタイルが普通になってきたなぁ。日曜日の夜はあまり出歩きたくないのだが、この日に限ってはそうでもなくて、車を走らせて会場に向かった。生まれ育ったところなので街の勝手はわかっている。でも公共駐車場が満車で仕方なく近くの銀行の駐車場を拝借。メインスポットは2か所しかないので、すぐに見て回れた。以前、一度訪れたことがあるので雰囲気は知っている。でも、久しぶりに街に降り立ち柔らかい灯りの間を歩いていると、そこがかつて住んでいたところとは別の、どこか知らない街に居るような感覚になってきて、ちょっとだけ怖くなって早く家路につきたいとも思った(ちょっとだけ)。町おこしのために始まったと思われるこのイベントは11回目だとか。通りの和菓子屋さんのおばさんは、今年は規模が小さい気がしますと言っていた。BGMもなく、それがかえって灯りの素敵さを引き立てているこのイベントが、細々とでも末永く続くといいなぁと思う。

Resize0302_2


2015/06/28

誕生日に

今年もこの日がやってきて、親しい方々からメッセージをいただきました。

休日だったので、家でゆっくり過ごしていました。誕生日だからといって、特別なことをすることもなく。

先日、ある人に「最近、若いころにできたことがすんなりできなくなった」とぼやいたら、「そんなこと気にすることない。その年齢だからできることもある。それまでの経験からよりよい判断だってできるようになるのだから」というようなことを言われました。

まだまだ自信がないけれど、そうなれるようにがんばりたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、インスタグラムで主に旅先で撮った写真にコメントを付けて公開するのがひそかな楽しみです。ブログに公開しなかった写真がこのタイミングで日の目をみるものもあり、うれしくなります。よろしければご覧ください。

インスタグラムのアカウント名は meg_wy です。

最近アップしたニューヨークの写真です。

2008年ごろ冬に行ったときのものかな。

Img_20150625_095341_2

Img_20150627_112223_2

2015/02/15

Nicola Conte -COMBO- Blue Note Tokyo

久しぶりにブルーノート東京へ。

一週間ほど前に偶然、フェイスブックでこのライブのことを知り、急きょ行こうと決めて。

10952473_659042250884477_3924822000


Jukka_2


フィンランドのトランペット奏者、ユッカ・エスコラが好きで、いつかフィンランドでこの人の演奏を生で聴いてみたいと思っていたのだ。度々来日してライブセッションに参加していたことは知っていたけれど、東京で聴くイメージがなかったので、生で聴くということを意外にも早く実現できたこと、うれしい。

隅のほうで聴ければいいという感じで、自由席を取ったのだけど、早めに着いて入場できる順番が早かったおかげで、前のほうの席を取ることができた。そして、なんとユッカ様から5メートルの至近距離。(演奏はもとよりルックスにも魅かれるところがあります)

ニコラ・コンテ氏はギターでメインでありながら非常に控えめなポジションをキープしていて、フロントを盛り立てていたのもよかった。

ほかのライブもそうだけれど、Jazzセッションって生で見ると、ゾクゾクするし引き込まれて見入って、あっという間に時間が過ぎてしまった。

ユッカ・エスコラを知ったのは、NHK-BSで以前やっていた「地球エルムンド」という番組に、彼が組んでいたFive Corners Quintetというバンドが出演したのを見たことによる。フィンランドのジャズバンドというところに関心があった上に、なんてかっこいい演奏なんだろうと。バンドメンバーは名門シベリウス音楽院出身。フィンランドを旅行するときに、彼のライブと日程が当たればいいなぁ...とずっと願っていたほど。でも、なかなかそれは難しい。チケットも現地で取れるかどうかわからないし。今回のブルーノートでは、Five Corners Quintetで一緒だったテッポ・マキネン(ドラムス)も来ていて、二重の喜び。

彼らは日本で成功しているし、きっと定期的に演奏にやってくると思うので、また予定が合えば行きたいと強く思う。

楽屋から舞台への通路脇の席だったので、実際には出演者全員がすぐ横を通ったし、会計を済ませているときに、ユッカ氏は客席にいると思われる知り合いに挨拶をするためか、わたしのすぐ横を通って行ったのである!久々にドキドキしたなぁ。英語が堪能なら、話しかけてみたかったけれど。でも、こんな経験ができるのも、ライブハウスだからなんだと思う。演奏者と観客の距離感の近さがたまらなく良いのである。

2015/02/09

February

今年ももう2月に突入。

年末年始にパリとヘルシンキに行ったときのことを書きたいと思っていたのだけど、今回は現地でツイッターやフェイスブックでリアルタイムに情報発信したせいか、帰ってきてからヘルシンキ大学図書館のことはアップしたものの、その後、あまり書く気が起こらずです。

これも、情報発信ツールの変化のせいですね。

旅をしながら発信すると、その場その場で消化されているような感じで、帰ってきてからあれこれと書きたい欲求がなくなっているような感覚。すでにいろいろなサイトでも紹介されていることも多く、改めて自分が書かなくても...とも思ってしまう。

SNSが発達して、以前はできなかったリアルタイムのやり取りが手軽にできるのは、一人旅の身としてはとても楽しい。このスタイルもこれから進化していくのかな。

宿泊したホテルについては、追々紹介しようかな、と考えています。

パリで滞在したホテル周辺は小さな書店や出版社が多い文化的なエリアで、歩いているだけでわくわくするような場所でした。

Resize0082

Img_20150101_064747

2014/10/12

夜たどり着くということ

海外旅行も、最初の2回ほどはツアーに申し込んで、空港まで現地添乗員が迎えに来てくれ、ホテルまで送ってもらえるようにしたけれど、以後は少しでも時間のロスを押さえたい(空港の到着ゲートで他の旅行者を待ったり、帰りもいくつかのホテルを送りのバンが回ったりするので・・・)ため、基本、ツアーには申し込まないようになった。いまでは一人でまずはホテルまで行くドキドキ感も自分には大切な旅の要素になっている。

ところで、現地の空港に何時頃到着するかで、その旅の最初の印象はだいぶ違ってくるのではないかと思う。

初めて行く都市の場合は、夜暗くなってから到着することほど心もとないことはない。空港からホテルまでタクシーで直行ならばそれほどではないけれど、シャトルバスや路線バス、鉄道で基幹駅まで行き、そのあと徒歩で向かうなどという場合はもうドキドキものである。経験上、タクシーを使うほどの距離ではなくても、安全面からできればタクシーを使ったほうが良いと思う。たいがい駅からはタクシーを拾えると思うので。

夜の到着は不安だけど、自宅を早朝に出て、長時間飛行機に乗り、やっと着いたらまだ現地は午前中というよりも、たどり着いたら夜のほうが、すんなりそこに「滑り込める」気がする。ホテルにチェックインして、近くのカフェなどで軽く夕食を済ませる。または空港で買ったサンドイッチか機内でもらったスナックの類を夕食にして翌日に備え、その日はひとまず眠りにつくというパターン。そして、朝を迎えて自分がいま居る街がどんな姿なのかを初めて見るのだ。

現地に午前中着く場合は、とても得をした気分にもなれるのだが、なんだか出遅れた感じもして、それに体は疲れているので、意識と体がずれていて、不思議な感覚のまま街をぶらぶらすることになる。

それから季節によっても、現地に着いたときの印象って変わってくるのではないだろうか。

いずれにしても、旅に出たいなぁ。

Resize0417

↑ニューヨークのホテルの窓から

2014/09/20

non title

最近買ったもの。

Resize0416

ナイキのスニーカーとLes sacs Adam 1980 のトートバッグ。

スニーカーは、ここ何年も履き続けているLL bean のシューズがそろそろ劣化しはじめているため、旅行先などで長時間歩くのに適したものが欲しいと思っていたので、悩んで購入。いいなと思った色はサイズがちょうど切れていることが多いのだが、今回はちゃんとあった。通常は24.0なのだが、ナイキはやや細めで小さめにできているようで、24.5がいい感じに履けた。この色ならおとなしめなので、ジーンズにもスカートにも合いそう。

それからバッグのほうは、先日東京に出たときに三越で買ったものだ。最近まで使っていたバッグが小さい割にとても重くて、軽いものが欲しいなぁと思っていたところに、デザインも風合いも気に入ったものが目にとまり、これもその場でかなり迷ったけれど、そう出会えないものでなかいかという気持ちになり購入した。同じ色で違うデザインもあり、どちらにしようかも迷った。女性店員の方が丁寧に応対してくれ、ご自身が肩にかけてどう見えるか試してくれたりして、結局写真のものに。ポニーの革でとても軽く、買ってよかったなと思える。(なぜかポニーの革と聞いて少し複雑な気持ちになったけれど) 特に気に入った部分はステッチの色が紺というところ。仕事にも、あと斜め掛けできるので旅行にも使えると思う。この斜め掛け用の部分は下に下げておいても気にならないのも良い。革用のクリームを塗り込んで大切に長く使いたい。

Les sacs Adam 1980 というブランドは実は知らなかったのだが、日本のメーカーだそう。

2014/08/26

オルセー美術館展

国立新美術館で開催中の「オルセー美術館展」に行ってきた。

Orsay

一度だけ訪れたことのあるオルセー美術館。ルーブル美術館と並んでパリで人気のアートスポットだが、実際に両方の美術館に行ってみて、オルセーのほうが印象に残っている。理由のひとつはそのサイズ。ルーブルは巨大で一日ではとても回りきれない(わたしはパリ滞在中に2回足を運んだ)が、オルセーはそれよりずっと小ぶりでじっくり鑑賞できる。ふたつめの理由として、オルセーが当初駅舎として建設された建物だということ。三つ目は、来館者の意識の違いとでも言おうか。ルーブルでは、とにかく来館者は有名な作品の前で記念撮影をしていて落ち着かない。オルセーではそのような人を見かけなかった。(撮影を禁止されていたのかな?そのあたりは覚えていないが)

オルセー美術館を訪れたときのことを記してあります⇒こちら

前置きが長くなったが、そのオルセー美術館から印象派を中心に84点の名画が来ている。わたしは印象派はそれほど好きではないのだが、でも作品を見ていると穏やかな気持ちになれると思う。風景画がその最たるものだが、今回、肖像画がまとめて展示されている展示室でルノワールの描いた「アルトマン夫人の肖像」を見たときに、他の肖像画(それまで描かれてきた典型的な肖像画)であまり感じられない、なんというか、その人物の内面的なものまで表現されているように思った。アルトマン夫人の一瞬の表情を捉えたというか。肖像画のための構えた表情ではない、普段顔というような。

ただ、個人的にはレアリスムに分類されているマネやクールベの作品に関心がいく。クールベについては、昨年仕事でこの画家の一枚の絵を紹介する記事を書いたのでちょっとだけ思い入れがあるからかもしれない。

印象派とレアリスムは決して対立していたわけではなく、お互いリスペクトしていたようだ。

展示の最後にマネの作品「ロシュフォールの逃亡」がある。

Ro

これは、歴史に刻まれた事件の一場面を画家が想像して描いたもので、マネ晩年の作品とのことだ。ドラマチックな一場面。どんよりした水平線に目をやると、黒っぽい船のようなものがあるが、これは逃亡を助けに来たオーストラリアの船だとか。画家は大病を患っている状況であったようだが、緊張の場面を描き切った感じがすごく伝わってくる作品だ。

国立美術館「オルセー美術館展」公式サイト

余談だが、国立新美術館は千代田線乃木坂駅に直結しているので、アクセスがとてもラクだ。たいがいランチも館内で済ませるので外を歩かなくて済む。雨の日や猛暑の日でも「ちょっと行ってくる」気になれる美術館だ。

2014/06/28

non title

今年も誕生日がきて、親しい方々や家族からメッセージやプレゼントをいただきました。みなさん、お忙しいなか、若輩者のわたしの誕生日にお気づかいくださり、改めて自分は周囲の方々に恵まれていると思うのです。

ところで、つい昨日最終回だった「続・最後から2番目の恋」の長倉和平(中井貴一)について。和平は若いころから一家を支えるために苦労をしてきた人なのだが、最終回で発したことばのひとつひとつが胸に響いてきて、そのまま焼きついてしまう。

なぜって、「相手の立場になって考える」ことのかっこよさに気づかせてくれたからである。所詮、自分が見えていることや知っていることは少しで、実はそれ以上のことが相手には起こっているにちがいない。和平はそういうようなことを語っていた。千明(小泉今日子)が「目から鱗が落ちました」と言ったけど、わたしも落ちた。本当に落ちた。

自分の頭の中にあることだけで判断しないで、想像力を膨らませて、いろいろなことに対応していかなければならないと考えを巡らせた誕生日。

より以前の記事一覧

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ